茶論~中川政七商店の新ブランドで「白いかき氷」に舌鼓|夏の奈良一人旅

★奈良「茶論 奈良町店」の白いかき氷奈良

こんにちは、アラフォー独身女のはんまゆです。

奈良への一人旅で、ならまちにできた中川政七商店の新ブランド「茶論」(サロン)に行ってきました。

夏にはかき氷が食べられる喫茶や茶道の稽古、茶道具が買える見世をそろえた、素敵な和の空間です。

もっと気軽に、茶道に親しんでもらおうというコンセプトだそう。

早速どうぞ↓

「茶論」(サロン)って?

「茶論」は2018年4月、町屋づくりの家が建ち並ぶエリア・ならまちにできました。

1716年に創業し、麻織物を作ってきた「中川政七商店」が作った新ブランド。

今回の一人旅は、かき氷を楽しむことに加え、「茶論」もお目当ての一つでした。

近鉄奈良駅から「もちいどのセンター街」を南下し、7分ほどで着きます。

★奈良の「茶論」店構え

 

日本らしさとかわいらしさ、美しさを大切にした雑貨を作っている「中川政七商店」。

都内にもお店があり、私は10年以上ハマっています。

「茶論」を知ったのも、今年(2018年)7月、東京で聴いた「中川政七商店」の中川政七・代表取締役会長の講演がきっかけでした。

 

喫茶や、茶道を気軽に体験できる「稽古」、自宅でお茶が立てられる茶道具を揃えた「見世」と三つの空間でお茶の世界が楽しめる、と説明されたパンフレットを見て、一刻でも早く行きたくてうずうずしていました。

「茶論」は、「中川政七商店」のブランドの一つ「遊 中川」本店の店内奥にあります。

★奈良「茶論 奈良町店」の入口

 

「茶論 奈良町店」の夏メニュー「白いかき氷」

奥の座敷席へ。

★奈良「茶論 奈良町店」の内観

 

ほっとくつろぐ和室。襖絵の鹿が奈良らしいです。窓からは小さな庭園も。

★奈良「茶論 奈良町店」の庭園

BGMは聴こえるか聴こえないかぐらい、そこはかとなく流れています。

静かで心が落ち着きます。ほんとうにいいものを出すお店って、音にも気を配ります。

 

おしぼりと飲み物が運ばれてきました。

★奈良「茶論 奈良町店」の香煎と夏メニュー

飲み物は、紫蘇と塩をちょっぴり入れた白湯で、「香煎(こうせん)」と言うそう。

お茶会の前には、白湯を出したり、シソや山椒などを入れた白湯=香煎を出したりするそうです。

 

今回の旅は、奈良のかき氷を堪能するのが目的の一つだったので、夏メニューから「白いかき氷」を注文しました。

★奈良「茶論 奈良町店」の白いかき氷

牛乳と砂糖を煮詰めて作ったこだわりの練乳がたっぷり!

ぽってり盛られた粒あんとモチモチの白玉が嬉しい😊

 

中の寒天が、口の中の冷えを和らげてくれます。

★奈良「茶論 奈良町店」白いかき氷のアップ

 

モコモコのエスプーマのかき氷や、マンゴーを盛ったかき氷とか、ビジュアル的に目立つかき氷を見慣れているせいか、「白いかき氷」のシンプルな見た目は清々しく、新鮮に感じられます。

和のかき氷を堪能して、満ち足りました~ 

企画展&体験稽古情報

奥のスペースでは、企画展「菓子器と菓子切」(※2018828日で終了)が開かれていました。

★奈良「茶論 奈良町店」の企画展看板

 

シンプルでスタイリッシュな器と菓子切りが並んでいました。

★奈良「茶論」の企画展1

「茶論 奈良町店」の企画展。象牙の菓子切りも。

★奈良「茶論 奈良町店」の企画展2

紙漉き職人、ハタノワタルさんの作品。アルミに和紙を貼った器。洗って何度でも使えるそうです。

 

「茶論」では、予約をして茶道の体験稽古(3,000円)もできます。

テーブルを使うので正座が苦手な人でも大丈夫だそう。今度ぜひやってみたいです。

奈良町店でも、9月に日本橋高島屋にできる日本橋店でも、体験稽古だけでなく、1回5,000円のチケット制で茶道が学べるようです。

(下の「基本情報」に公式サイトのリンクを貼りました)

 

「茶論」のまとめ&基本情報

隅々まで美意識が行き届いたお店で、猛暑の奈良に行った甲斐がありました。

日本橋高島屋にできる「茶論 日本橋店」も楽しみです。

そういえば、GINZA SIX4階に、茶道具が買える「茶論 ⾒世」が10月末までの限定で出店しているそうです。

奈良町店では、お茶道具は何も見なかったので、銀座の限定ショップをのぞいてみようと思います。

 

~「茶論 奈良町店」の基本情報~

【営業時間】 10001830

【定休日】  毎月第2火曜。(祝日の場合は翌日)

【住所】   奈良市元林院町311(もちいどのセンター街を南下し、宝石時計イシガミを左折)

【アクセス】 近鉄奈良駅から徒歩8分、JR奈良駅から徒歩15

【HP】   茶論のHP

【女一人の入りやすさ】 入店したのは平日夕方。一人でもふらっと入りやすいし、接客もとても丁寧でした。

「奈良も中川政七商店も好きで、会長の講演で茶論を知った」

などと話したら、スタッフの方が喜んでくださり、企画展の展示物についても、詳しく説明していただきました

ブログ用の写真も快く撮らせていただき、感謝でいっぱいです。

次回の記事は、「茶論」が入っている「遊 中川」本店です。

もみじに鹿、紫色が美しいぶどう柄など、秋らしい小物を紹介します!

 

アラフォー独身女の心にささったものだけを紹介するブログ「ときめき充電記」を読んでいただき、ありがとうございました!

はんまゆ

 

★中川政七商店関連の記事★

奈良の新名所・鹿猿狐ビルヂング~ならまちにできた中川政七商店の商業施設~

「遊 中川」と「日本市」。購買欲をかきたてられる雑貨店|夏の奈良一人旅⑧

 

★2018夏の奈良一人旅。かき氷の記事★

萬勝堂のくず切り氷~ぷるぷるくず切り入りのかき氷~|夏の奈良一人旅

奈良・おちゃのこのフワフワかき氷「いちごみるく氷」|夏の奈良一人旅

奈良・おふさ観音の風鈴まつり~風鈴2,500個に圧倒!|夏の奈良一人旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました