奈良の紅葉穴場スポット・円成寺の庭園は必見!|奈良一人旅紅葉編

201911円成寺の紅葉。名勝・円成寺庭園で正面から楼門を眺める|奈良一人旅奈良

どうも、奈良が好き過ぎる、アラフォー独身女のはんまゆです。

11月上旬に行った、奈良市郊外の円成寺。庭園の紅葉が泣きそうになるほど、美しかったので、写真たくさん撮ってきました!

池越しに構える重要文化財楼門、水面にくっきり写った紅葉―。

日本庭園が好きで、全国を旅する中で、たくさんの庭園を見てきましたが、円成寺の美しさは圧巻!

しんとした静寂の中、秋晴れの空に紅葉がより一層映え、極上の景観を堪能できました。

京都で観光客の多さにうんざりしたら、奈良に行くべきですよ!!

 

庭園で知られる奈良・円成寺へ

奈良一人旅歴10年ですが、円成寺に行くのは初めて。

今回の旅は、紅葉をめでる&撮るのを目的に、2019年11月8日(金)~10日(日)に決行。

円成寺は、初日の夕方に行きました。

奈良市北東部にあって、JR・近鉄奈良駅からは、柳生、邑地中村、石打行きバスになります。

バスの本数が一日5~6本と少ないので、要注意です。

私は最近の奈良一人旅は、「とにかく美味しいかき氷を食べたい」「写仏だけは絶対やる!」なんてことしか考えず、気の赴くまま行くようにしています。

今回もろくに時計も見ず、東京を出てJR奈良駅に着いた14時半頃、バスの時刻を確認したら、2時間後ということに…。

翌日は、山の辺の道を散策したいし、

「紅葉は夕陽に美しく映えるから、今、向かうのがちょうどいいんだよなー」

と、タクシーで円成寺に向かうことにしました。

タクシー代が結構かかりそうなので、節約と散歩を兼ねて、JR奈良駅から、北東方向に位置する近鉄奈良駅まで、のんびり歩いて15分ほど。

近鉄奈良駅からタクシーに乗りこみました。

ちょうどドライバーさんが女性だったので、奈良の観光トークでのおしゃべりが楽しかったです。

奈良駅からタクシーで20分。

入口を見た瞬間、紅葉にテンション上がります!!

201911円成寺の紅葉。入口で2|奈良一人旅

赤く染まる紅葉がかかった門。もう、ここだけで、「来て正解!」と確信しました。

 

赤、オレンジ、黄色…紅葉が美しすぎる円成寺

円成寺の門から中へ。

傾きかけた夕陽が差し込んで、紅葉が期待以上の美しさ!

201911円成寺の紅葉。入口から歩く小道へ|奈良一人旅

本堂に向かって、小道を歩くと、室町時代に建立された重要文化財楼門が。

201911円成寺の紅葉。楼門を見上げたところ|奈良一人旅

年季の入った造り。趣きがあります。

国宝重要文化財がズラリ。

201911円成寺の紅葉。国宝・重文の説明文|奈良一人旅.

ちなみに、都道府県別の国宝数で、奈良全国3位

1位の東京(281件)、2位の京都(234件)に次いで、203件という多さなんです。(※件数は2020年1月1日時点。文化庁HPより)

なお、4位は大阪62件。上位3位が別格なのに、奈良京都のおまけのような扱いを受けているのが歯がゆくてなりません(-_-;)

円成寺も含め、奈良って、京都より観光客が少ない中で、静かに数多の国宝を堪能できる、知られざる名所がたくさんあるので、ぜひぜひ足を運んでほしいです!

 

…さて、円成寺では、受付で拝観料500円を払うと、受付の女性が、境内のまわり方やご本尊のことを丁寧に説明してくださいました。

というか、私一人に丁寧に説明できるくらい、観光客がいないんです!

土日に有給休暇をくっつけた金曜夕方と平日ではありますが、秋の行楽シーズン、しかも紅葉の季節。

にもかかわらず、このとき参拝に来ていたのは、私以外、夫婦1組と若者1組だけ。

旅先、特にお寺は、静かな中で、趣きある雰囲気を堪能したいので、最高の環境でした。

 

円成寺の重要文化財、本堂&楼門

受付を済ませると、境内へ。

さっき下から見上げた楼門。紅葉のグラデーションが美しく映えます!

201911円成寺の紅葉。青空をバックに楼門|奈良一人旅

楼門は重厚な造り。爽やかに澄んだ秋晴れの空に、存在感がひときわ増しています。

楼門から、先ほど歩いてきた庭園を見下ろす眺めも素敵!

201911円成寺の紅葉。名勝・円成寺庭園を楼門から臨む|奈良一人旅

額縁におさまった絵画のよう。ぽーっとみとれてしまいます。

 

振り返ると、本堂がどーんと。

201911円成寺の紅葉。重文・本堂|奈良一人旅.

こちらも、室町時代に建てられた重要文化財の建物です。

中は撮影禁止ですが、ご本尊の阿弥陀如来像があります。

とても珍しいのが、阿弥陀如来像の周囲に立てられた4本の柱に、菩薩が描かれていること。

さまざまな楽器を奏で、舞う菩薩の姿がとても優美。

柱に立体的に描かれているので、平面的な絵画より、よりリアルで、存在感ありました。

本堂での参拝を終えると、だいぶ日が傾いてきたので、暗くならないうちにと、国宝大日如来像を見る前に、庭園の撮影に向かいました。

 

紅葉につつまれた円成寺庭園の美しさに圧倒される

受付の方に教えてもらったように、池に沿って歩くと、楼門を池越しに眺める風景が広がります!

201911円成寺の紅葉。名勝・円成寺庭園に入ってすぐ|奈良一人旅

もう、表現しようがないくらいの美しさ。

あまりの素敵さに、ほんとうに泣きそうになりました。

正面までまわります。

201911円成寺の紅葉。名勝・円成寺庭園を正面から臨む|奈良一人旅

山深いところにあるので、時々車の音がするくらいで、静かに絶景を堪能できます。

201911円成寺の紅葉。名勝・円成寺庭園で正面から楼門を眺める|奈良一人旅

写真撮るときは、左右、立ったり、しゃがんだり、色々な角度から撮って、ベストなショットをねらいますが、どこから撮っても、美しいです。

ほんと、いいものを堪能できました。

この後、運慶が作った国宝大日如来像を拝み、円成寺を後にしました。

 

まとめ&円成寺で紅葉写真をきれいに撮るポイント

期待以上の美しさだった円成寺

タクシー代を払っても、十分行く価値のあるお寺でした。

観光客が2組しかいなくて、もったいないくらいの美しさ。

写真を撮り終えた16時半以降、一人旅の方が2~3人来られましたが、写真に人が写りこむ心配がいらないくらい、観光客がいなかったです。

円成寺は、池越しに楼門を臨める庭園そのものが美しいのですが、受付の方によると、やはりベストシーズンは紅葉の秋だそう。

 

★紅葉写真について★

紅葉の庭園を美しく撮るには、時間帯と天気が重要です。

円成寺に行った11月9日、奈良の日没時間は17時ごろ。

夕陽がちょうど美しく差し込んで撮れたのは16時~16時20分の間でした。

また、池に映りこむ空が、曇り空だと写真の美しさが半減するので、青空の好天に行くとよいです。

最初、紅葉を撮るにはまだ時期が早いかと思っていたのですが、全体が赤く染まるより、緑の木々があって、部分的に紅葉があるほうが、色のバリエーションやグラデーションがあって、むしろよかったです。

~円成寺の基本情報~

【参拝時間】 9:00~17:00(受付も17:00まで)

【休日】   年中無休

【アクセス】 バス:JR・近鉄奈良駅から柳生、邑地中村、石打行きバスで「忍辱山」下車すぐ。

タクシー:同駅からタクシーで約20分

【公式サイト】 円成寺HP

円成寺庭園の美しさを初めて知ったのは、録画をして見ている「奈良ふしぎ旅図鑑」というBS-TBSのミニ番組。(水曜20:54~)

相武紗季さん奈良の案内をしてくれる番組です。

HPの「これまでの放送」を眺めるだけでも、奈良各地の魅力がわかるので、見てみてください⇒番組HP

 

次回は、奈良一人旅紅葉編のつづき、世界唯一木造の十三重塔のある談山神社です!⇒奈良の紅葉穴場スポット・円成寺の庭園は必見!|奈良一人旅紅葉編

それではまた~

アラフォー独身女・はんまゆ

コメント

タイトルとURLをコピーしました