秋田・玉川温泉(自炊部)で湯治宿を初体験【施設編】

秋田の玉川温泉で北海道、東北

どうも。45才独身女・はんまゆです。

東北旅行連載のつづき。今回紹介するのは、2日目に泊まった秋田の湯治宿「玉川温泉」です。

「湯治宿」に泊まるのは初めて。

硫黄の香り漂う強酸性の温泉を、色々なタイプの浴槽でめいっぱい満喫できました(^_^)

 

■1ヶ所の湧出量が日本一の湯治宿
■日本一の強酸性の温泉。天然の岩盤浴も
■源泉100%、源泉50%、蒸気湯、飲泉など、温泉の楽しみ方は約10種類!
■施設は2種類=小ぎれいな部屋&食事付きの「旅館部」と、湯治目的にも使われる炊事場のある簡素な部屋の「自炊部」
■「自炊部」は食事付きも可能。アメニティはないので歯磨きセットやタオルは必須

 

7月の連休中で「旅館部」に空きがなかったので、「自炊部」に泊まりました。

「旅行の宿泊先にはこだわりたい」

という人には全くおすすめしませんが、私は温泉と美味しいごはんを満喫できたので、部屋の簡素さは全く苦になりませんでした。

 

今回は【施設編】として、玉川温泉自炊部のようすをざっと紹介します!

 

秋田の湯治宿「玉川温泉」へ

秋田県北東部に位置する「玉川温泉」。

近くに「十和田八幡平国立公園」があり、かなり奥地にある自然豊かな場所にあります。

秋田の玉川温泉で

 

近くに何もなくて、エントランスから見えるのは山と青空だけ。静養にはもってこいです。

秋田の玉川温泉。エントランス

 

↓夕暮れ時の玉川温泉。横長の建物が今回泊った「自炊部」です。

秋田の玉川温泉。外観

 

玉川温泉「自炊部」ってこんなところ

玉川温泉で初めて知った「自炊部」という言葉。

療養目的で泊まる湯治客の方が、売店の食材などで調理できるよう炊事場があります。

秋田の玉川温泉。自炊部の炊事場

 

「学校の家庭科室みたいだなぁ」と思いましたが、廊下も学校っぽい。

秋田の玉川温泉。自炊部の廊下

 

調理したごはんを食べるダイニングも。

秋田の玉川温泉。学習スペース

食事時以外は人けがなく、ワーケーションにも良さそう。

 

自炊部の部屋はきわめて簡素。

私と女友だちが泊まったのはこんな感じでした↓

部屋に入ったとき、「林間学校で泊まる部屋みたいだなぁ」と思いました(^-^)

洗面所とトイレは共同。

アメニティやタオルがないので、歯ブラシとタオルは来る途中のコンビニで買いました。

 

玉川温泉自炊部と旅館部の料金比較/温泉について

玉川温泉内の料金比較と、温泉について触れます。

玉川温泉「自炊部」「旅館部」の料金比較

ご参考に、玉川温泉の大人1人1泊の宿泊料金(2022年8月末)を比べてみました↓

■自炊部 素泊まり(6畳の場合) 7,150円
■自炊部 夕食&朝食付き(〃) 10,560円
■旅館部 夕食&朝食付き/一番古い東館  10,560円
■旅館部 夕食&朝食付き/南館リニューアル和室 16,280円

↑今回は上から二つめになりますが、温泉と食事の充実ぶりからすると、極めて妥当な宿泊料だと感じました。

玉川温泉公式サイト「宿泊予約」ページ

 

玉川温泉の温泉

玉川温泉は、源泉濃度や温度の異なる浴槽や、蒸気湯、寝湯など、温泉の色々な楽しみ方ができます。

源泉100%は入るとちょっとピリリとしみて(※私の場合、肌が弱いので)少ししか入れませんでしたが、源泉50%の浴槽からぬる湯、打たせ湯など、夜と朝風呂をめいっぱい満喫しました。

入浴後は、血流が格段に良くなったような感覚がして、部屋に戻ってからもずーっと体の芯からホカホカした熱さが残りました。

 

浴場では、温泉を水で薄めて飲む「飲泉」もできます。

強酸性なので相当の水で薄めても、とってもすっぱかったです(>_<)

「玉川温泉」公式サイトの「温泉」ページ

 

しめくくり

湯治宿初体験となった、玉川温泉の自炊部。

私も友だちも「温泉とごはんが良ければ、泊まる部屋はこだわらない」と意見が一致していたので、部屋の簡素さは何の問題もなかったです。

4泊5日のうちの1泊だけでしたが、温泉施設と食事の充実ぶり、市街地から遠く離れた自然豊かなロケーションが良くて、もっと長くいたかったです。

到着が早かったら”天然の岩盤浴”もやってみたかったので、今度行くときは何泊かして、全身ふやけるくらい温泉を満喫したいと思いました(*^-^*)

「玉川温泉」公式サイト

 

なお、玉川温泉には姉妹館「新玉川温泉」もあるので、小ぎれいさを求める方はこちらがよいかも。

「新玉川温泉」公式サイト

 

次回は、玉川温泉【ごはん編】です。

夕食も朝食もビュッフェで、秋田名物もしっかり堪能できました(*^-^*)

前回までの夏の東北旅行連載は、下記のリンクからごらんください!

45才独身女・はんまゆ

 

★2022年夏 4泊5日の東北旅行連載★

4泊5日東北旅行で山形・秋田・岩手・福島を巡る【スケジュール編】~温泉&グルメざんまいの旅~
山形・瀬見温泉「旅館ほてい屋」で山形牛とアワビのステーキを堪能する|東北旅行①
山形・出羽三山神社の一つ「湯殿山神社」~自然のパワーと神聖さが漂う神域~|東北旅行②

コメント

タイトルとURLをコピーしました