豪徳寺の「九百屋 旬世」~八百屋さんのフルーツサンドをテイクアウト~

豪徳寺の「九百屋-旬世」でテイクアウトしたベーコンサンドとフルーツサンド関東、甲信越

どうも。アラフォー独身女のはんまゆです。

先月、気分転換に行った豪徳寺で、美味しいフルーツサンドとベーコンサンドをテイクアウトした「九百屋 旬世(くおや しゅんせ)」を紹介します。

■八百屋さん直営。新鮮な野菜&果物を使ったサンドイッチ
■野菜も果物もたっぷり!質量ともに満足!

新型コロナの影響で、大好きな一人旅も、友だちと飲みにも行けないストレスがたまっていましたが、久々に心と体を充電できました(^-^)

 

豪徳寺の「九百屋 旬世」へ

「九百屋 旬世」のある豪徳寺(世田谷区)。

豪徳寺エリアに行くのは初めてです。

以前、資格の試験を受けたときに知人からもらった、豪徳寺のお守りのお礼参りと気分転換を兼ねて出かけてみました。

 

東急田園都市線「三軒茶屋」駅で世田谷線に乗り換え、「山下」駅で下車して、豪徳寺エリアへ。

お店は、山下駅の近くにある、小田急小田原線「豪徳寺」駅すぐの豪徳寺商店街入口から150Mほどにあります。

一度素通りしてしまったほど、ふつうの八百屋さんの外観。

豪徳寺の「九百屋-旬世」の外観

 

私のようなフルーツサンドめあてのお客さんばかりかと思ったら、野菜を買いに来た地元の人の方が多いくらい。

お客さんが途切れたところを見計い、「ブログで紹介したいのですが…」と写真の許可を尋ねたら、笑顔でOKしてくれました(^-^)

ということで、ショーケースの美味しそうなサンドイッチ写真をどうぞ↓

「九百屋 旬世」のフルーツ&野菜のサンドイッチにみとれる

「九百屋 旬世」は、4~5人でいっぱいになりそうな小ぢんまりしたスペース。

ショーケースには、サンドイッチがぎっしり!

豪徳寺の「九百屋-旬世」でズラッと並んだサンドイッチ.

 

「八百屋の照り焼きチキンサンド」や「キッシュサンド」などの野菜系(350円~450円)は4種類。

フルーツの「ミックスサンド」や「パインミックスサンド」、「キウイミックスサンド」など、フルーツ系(400円~500円)は6種類!

豪徳寺の「九百屋-旬世」。ショーケースのサンドイッチが美味しそう

 

断面が美味しそうで、全種類食べてみたい…

サンドイッチの他に、サラダ(298円~)や野菜のお惣菜(200円~も)。

迷った結果、フルーツの「ミックスサンド」と「ベーコンサンド」をテイクアウトしました。

 

野菜たっぷりベーコンサンドとフルーツサンドにかぶりつく

「九百屋 旬世」でテイクアウトした「ベーコンサンド」(432円)と、フルーツの「ミックスサンド」(540円)。

お皿にのせると、ベーコンサンドの厚みがすごいです!

豪徳寺の「九百屋-旬世」でテイクアウトしたベーコンサンドとフルーツサンド

 

サニーレタス、紫キャベツ、紅芯大根、トマト、ズッキーニ、玉ねぎ、厚めのベーコンが、ぎゅっとつまった「ベーコンサンド」。

豪徳寺の「九百屋-旬世」。ボリューム満点のベーコンサンド

思いっきり口を開けてかぶりつきます。

ドレッシングのような味つけはほとんどありませんが、八百屋さんが仕入れたての新鮮な野菜を使っているからか、ベーコンの塩加減と旨味が少し加わるだけで、十分美味しい!

食パンもしっとり柔らか。

 

つづいて、フルーツサンド!

大きめにカットされたフルーツ。みずみずしさがたまりません!

豪徳寺の「九百屋-旬世」でテイクアウトしたフルーツサンド

生クリームは、主役のフルーツの甘ずっぱさをしっかり味わえるくらい、軽く甘さ控えめ。

 

…ものすごい速さと満足感とともに、二つ完食。

ボリュームあるのに、おなかにどーんとたまるような重さはなく、

「体にいいもの食べられたなぁ」

と実感できる食後感。

 

食べ終わったばかりなのに、

「次はいちごサンドか、オムレツサンド食べてみたいなー」

とお店のショーケースを思い浮かべるほど、満ち足りました(*^-^*)

 

しめくくり

「九百屋 旬世」に入ったとき、ふだん野菜を買うのはスーパーばかりで、八百屋に全然行かないことに気づきました。

大量に仕入れることで安く販売できる大手スーパーに、八百屋さんが価格で勝つのは、難しいかもしれません。

でも、「九百屋 旬世」さんのように、仕入れたばかりの新鮮な野菜や果物を使ったサンドイッチやサラダを作ることで、商品に付加価値をつければ、地元の方だけでなく、遠方からお客を集めることもできるんだと感じました。

 

野菜&果物の仕入れや、サンドイッチ製造にたずさわる店員さんの「顔の見える感」は、個人経営のお店ならではのもの。

↓野菜に添えられた手書きの言葉からも、お客さんのことを考えながら仕入れた思いが伝わります。

豪徳寺の「九百屋-旬世」。店頭に並んだビーツや新玉ねぎ

安さや効率性だけで店を選ぶのでなく、個人商店で気に入ったものをのんびり買うのもいいなと気づかされました。

テレワークのおかげで、時間にゆとりができたので、いつも素通りしていた、近所の八百屋さんやお肉屋さん、今度のぞいてみようと思います。

 

「九百屋 旬世」の営業時間、アクセスなどはリンク先で。

▶「九百屋 旬世」の食べログページ
「九百屋 旬世」のInstagram

 

それにしても、新型コロナの影響とはいえ、スーパーへの買い物と近所のウォーキングぐらいしかできない毎日をずーっと続けたら、代り映えしなさすぎて、気が狂いそう。

ごはんをテイクアウトしたり、人と距離を取ったり、3密を避ける行動をとりながら、自分の心の健康を守ることもしていかないと。

豪徳寺エリアでは、「猫電車」や長崎発の老舗ねりもの屋さんなど、色々な発見があって連載記事書いているので、下のリンク先からどうぞ。

アラフォー独身女・はんまゆ

 

★豪徳寺おさんぽ連載★
東急世田谷線の「幸福の招き猫電車」に乗って豪徳寺へ
浜口水産豪徳寺店のばらもん揚げ〜長崎の五島発・老舗練り物屋さんでテイクアウト

★関連記事★
関東日帰り一人旅おすすめスポット4選〜鹿島神宮から猫電車が走る豪徳寺まで〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました