門前仲町「トリュフベーカリー本店」の一番人気「白トリュフの塩パン」を堪能

門前仲町のパン屋さん「トリュフベーカリー本店」のフルーツデニッシュなど関東、甲信越

どうも。アラフォー独身女のはんまゆです。

今回紹介するのは、門前仲町のパン屋「トリュフベーカリー本店」

店名のとおり、トリュフを使ったパンが名物のパン屋さんです!

 

◾️高級食材トリュフを使ったパンが買える
◾️スイーツ系から総菜系のパンまで、生地が美味!

 

―美味しいパンって、選んでいるときも、食べるときも、なんだか幸せな気持ちになります(^-^)

見るだけで幸福感を味わえるパンの写真を、ぜひご覧ください↓

門前仲町のパン屋さん「トリュフベーカリー」へ

2017年、門前仲町駅近くにできたパン屋さん「トリュフベーカリー本店」

私の住む清澄白河の隣の駅で、初めて買いに行ったときは、クロワッサンの美味しさが印象的でした。

門前仲町のパン屋さん「トリュフベーカリー本店」の外観

 

「トリュフベーカリー」おすすめの1位、2位は、やはりトリュフ系のパンでした。

門前仲町のパン屋さん「トリュフベーカリー本店」。店頭の看板

今回、自宅に入っていたちらしの「フルーツデニッシュ 20%OFF」につられて、猛暑の中、来てみました。

 

ここからは、お店で撮らせていただいたパンの写真を一気にどうぞー。

門前仲町のパン屋さん「トリュフベーカリー本店」のショーケース

全粒粉100%の食パンや、生バタークロワッサン(280円)などなど。

 

9月初旬で、桃やパイナップルなど、夏の果物を使ったフルーツデニッシュがひときわ美味しそうでした(^-^)

門前仲町のパン屋さん「トリュフベーカリー本店」のフルーツデニッシュなど

大きいサイズのフルーツがゴロゴロ。

1個580円とかなりお高めですが、この時は期間限定で2割引きしていました。

 

看板メニューの「白トリュフの塩パン」(180円)をはじめ、こんがり焼き上げられたメロンパン(120円)や「大人のラムレーズンサンド」(180円)もそそられます。

門前仲町のパン屋さん「トリュフベーカリー本店」の白トリュフの塩パンやメロンパン

 

クロックムッシュ(330円)や、極太ソーセージをどーんとのせたホットドッグ(580円)など、惣菜系のパンも。

門前仲町のパン屋さん「トリュフベーカリー本店」のホットドッグやクロックムッシュなど

 

冷蔵ケースには、もう一つの看板メニュー「黒トリュフの卵サンド」(580円)も。かなりボリュームありそう。

門前仲町のパン屋さん「トリュフベーカリー本店」。看板メニューの「黒トリュフの卵サンド」

 

「トリュフベーカリー本店」のパンを堪能する

「トリュフベーカリー」で買ったパンは、三つ。

門前仲町のパン屋さん「トリュフベーカリー本店」。フルーツデニッシュと看板メニューの白トリュフの塩パン

白トリュフの塩パンに、2割引きをしていたフルーツデニッシュの「パイナップル」と「ミックスフルーツ」。

パイナップルに、スイカ、メロンとジューシーな夏の果物がどかっと載っています。

口を思いっきり開けてかぶりつくほど、フルーツが大ぶり(*^-^*)

 

ナイフで切ると、デニッシュの中には、ぽってりカスタードクリーム。

フルーツの美味しさを味わえる控えめな甘さで美味でした。

門前仲町のパン屋さん「トリュフベーカリー本店」。フルーツデニッシュの断面

 

フルーツデニッシュの美味しさに、勢いで、白トリュフの塩パンも食べる。

門前仲町のパン屋さん「トリュフベーカリー本店」。看板メニューの白トリュフの塩パン

トリュフオイルに自家製トリュフバター、白トリュフ塩を使った、トリュフ尽くしのパン。

指がぺとつくほど、生地がしっとり。

食べている間ずーっとトリュフの香りに包まれて、リッチな気持ちになれました(^-^)

 

「トリュフベーカリー本店」しめくくり

「トリュフベーカリー」に行ったのは平日午前10時ごろ。

パンはほぼそろっていましたが、夕方には種類が少なくなっているのでご注意ください。

★「トリュフベーカリー本店」基本情報★

【営業時間】 平日9~19時、土日祝8~18時 ※2020年9月現在、毎週月曜はお休み【最寄り駅】 東京メトロ東西線・都営地下鉄大江戸線「門前仲町」駅
【支店】   三軒茶屋、広尾、軽井沢、有楽町、新橋
【公式サイト】「トリュフベーカリー」公式サイト
【公式SNS】 「トリュフベーカリー」Twitter

 

パン屋に行ったのは、コロナのことを考え、旅行を控えた今年(2020年)の夏休み。

旅行しない夏休みは初めてでした。

平日昼間、時間を気にせず、素敵なパン屋さんでのんびり買い物して、クーラーの効いた部屋で美味しいパン食べて、この日は自宅でずーっとぐだぐだ。

 

旅も帰省もせず、
「遠出しない」
「スマホも見ない」
「何にもしないで、ただまったりする」
と完全にオフにすると、体も脳も心も休まるし、リセットできたのを実感しました。

何もしない自分を「怠けている」「ダラダラしてる」などと自己嫌悪を感じることなく、無心に、純粋に休息する休暇、おすすめです。

では!

アラフォー独身女・はんまゆ

 

★近隣のエリアで美味しいパン屋さんの記事★

清澄白河のパン屋「パンタレイ」の北海道食パン~専門店を超えるクオリティー~
木場(清澄白河)のパン屋「ブーランジェリー エス イガラシ」〜予約必須の絶品パン〜

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました