くず餅の「船橋屋 亀戸天神前本店」で本店限定「藤のおしるこ」をいただく

「船橋屋亀戸天神前本店」。本店限定メニュー「藤のおしるこ」とくず餅のセットカフェ

どうも。「老舗」に目がない、アラフォー独身女のはんまゆです。

今回紹介するのは、元祖くず餅で知られる「船橋屋」の「亀戸天神前本店」で食べた、本店限定の「藤のおしるこ」。

くず餅とのセットメニューです。

「船橋屋」のくず餅は、デパ地下でも買えますが、「本店限定」のメニューなんて、食べずにいられません。

ではさっそくどうぞ↓

葛餅の老舗「船橋屋」の亀戸天神前本店へ

くず餅をテイクアウトするお客さんが絶えない「船橋屋 亀戸天神前本店」。

寄ったのは、大好きな梅を見に、亀戸天神に行った帰りでした。

20210228船橋屋亀戸天神前本店・店構え

老舗らしい、歴史を感じる店構えの「船橋屋 亀戸天神前本店」

 

10時開店で、喫茶で食べられるのは11時~。

日曜でしたが、開店直前に到着して、待っていたお客さんは1組だけ。すぐ入店できました。

レジで注文、精算を済ませてから着席するシステムです。

「本店限定」にひかれて、「藤のおしるこ」(1,200円)で即決。お店のすぐそばにある亀戸天神は、藤の名所でもあります。

20210228「船橋屋亀戸天神前本店」の店内

 

店内には、年季の入った看板と、創業間もない頃のものか、お店の古い写真が飾られていました。

「船橋屋亀戸天神前本店」・店内に飾られた年季の入った看板、写真

看板は小説家・吉川英治が書いたものだそう。老舗ってすごいものがサラッとある

BGMは聴こえず、静かで清々しいくらい。落ち着きます。

 

くず餅付きの船橋屋本店限定「藤のおしるこ」で一服

テーブルに「藤のおしるこ」にくず餅が到着!

「船橋屋亀戸天神前本店」。本店限定メニュー「藤のおしるこ」とくず餅のセット

 

紫芋のパウダーが、色鮮やか~!パッと明るい気分になります(*^-^*)

「船橋屋亀戸天神前本店」の本店限定メニュー「藤のおしるこ」

 

綾むらさきいもを使ったあんこ。紫色がかった色合いが、パウダーのピンクと合っていて、美しいおしるこ。

「船橋屋亀戸天神前本店」で食べた本店限定メニュー「藤のおしるこ」の白玉

紫芋の濃厚な甘みがたまらない!

白玉はもっちもち。

お椀の底には、あずきがたっぷり。すくえばすくうほど、あずきが出てきて、嬉しかった(*^-^*)

きちんと入れられたお茶も美味しく、おしるこをここちよく満喫できました。

 

くず餅は、安定の美味しさ。

「船橋屋 亀戸天神前本店」で食べたくず餅.

 

歯切れよく、モチモチっとした食感。黒みつときな粉の組み合わせもやっぱりいいなぁ。

「船橋屋亀戸天神前本店」で食べたくず餅

ケーキやパフェも好きだけれど、和の甘味の甘さって、ほっと安らいで優しい気持ちになれます。

 

「船橋屋 亀戸天神前本店」しめくくり

ということで、亀戸天神の梅の鑑賞(前回の亀戸天神の記事はこちら)とセットで行った、「船橋屋」の本店。

老舗らしく、落ち着いた雰囲気の和の空間で、ゆったりくつろげました。

接客も落ち着いていて、お茶も美味しかった!

亀戸に行ったら、ぜひ寄ってみてください。

 

~「船橋屋」の亀戸天神前本店 基本情報~

【営業時間】 ※新型コロナウィルス拡大防止のため、以下の時間で営業。

テイクアウト:9時~18時/喫茶:11時~17時L.O.

【アクセス】 JR総武線「亀戸」駅から徒歩約10分/総武線、東京メトロ半蔵門線「錦糸町」駅から約10分

【HP】   「船橋屋HP」亀戸天神前本店のページ

【Twitter】    「船橋屋」Twitter

 

このブログは、テンション低めな独身生活にときめきをくれたものを紹介する、というコンセプトで運営しています。

一人でくつろげるカフェ気分上がるスイーツのカテゴリーもあるので、ご参考になれば幸いです。

ブログは写真の編集など、アップに多少時間かかりますが、Twitterの方では早めにさくっと発信しています。

では~

アラフォー独身女・はんまゆ

コメント

タイトルとURLをコピーしました