ふるさと納税をした茨城県境町から布マスクが届いて嬉しくなった

202006昨年度ふるさと納税した茨城県境町からマスクをいただいたその他

どうも。昔からマスクの着用が苦手なアラフォー独身女のはんまゆです。

2019年度にふるさと納税した自治体の一つ、茨城県境町から、思いがけず、布マスクとマスクインナーのセットが届いて嬉しくなったので、境町のふるさと納税のことを軽く書いてみます。

お米を炊かなくてもいいように、ごはんパックをめあてに、昨年度ふるさと納税した境町

1万円のふるさと納税で、堺町産ごはんパック10個入り1セット×5=50パックいただきました。

202006昨年度ふるさと納税した茨城県境町からの返礼品

このおかげで、しばらくお米を買う必要もなく、一時期あったスーパーの買いだめのときも「私には茨城のごはんがある」と安心感を持って過ごせました(^-^)

 

「50パックあったごはんも、もう数個かぁ」

と思っていたときに届いたマスクセット

202006昨年度ふるさと納税した茨城県境町からマスクをいただいた

同封されていた挨拶文書には、ふるさと納税のお礼と、今年の「利根川大花火大会バスツアー」が中止になったこと、そして、「皆様の不安を少しでも和らげることができないか」と境町オリジナル布マスクと、内側にセットするウイルスを99%低減するインナーのセットを送った旨、記載されていました。

「今度は、境町が皆さんを応援させていただく番です」との言葉も。

 

コロナで役所も大変な時に、コストや手間を考えると、ありがたい限りです。

私は、勤務先の新聞社で、宣伝部に所属していることもあり、他企業や団体などのPRを目にするたびに、「こういう方法があるのかぁ」と勉強になります。

今回の布マスクお届けも、ふるさと納税のリピーター獲得のため、というねらいもあるでしょうが、それがあったとしても、お互い助け合おうという心が感じられて、素直に嬉しかったです(*^-^*)

 

ということで、布マスクのお礼に、境町のふるさと納税のPRをかるく。

充実しているのは、やはりお米とお肉

茨城は米どころだけに、境町の返礼品にも、コシヒカリやお米の食べ比べセットなどお米系が充実しています。

お肉は何と言っても「常陸牛」

焼肉用やサーロインステーキなど、画像見てたら食べたくなってきました(*^-^*)

「ふるさと納税ガイド」→境町の返礼品でお肉を検索したページ

気になったのは、幻の最高級豚肉「梅山豚(メイシャントン)」を使ったという肉饅頭や点心のセットなど。

「ふるさと納税ガイド」サイト→境町の返礼品で「梅山豚」で検索したページ

「梅山豚」は、「日本にたった100頭しかいない幻の豚」と書かれています。

なんだかレア感あって、「限定」モノに目がない私としては、気になります。

境町の塚原農場の「梅山豚」は、日テレの「満天★青空レストラン」にも出たそう。

 

境町のふるさと納税にご興味あれば、こちらをどうぞ→茨城県境町HPのふるさと納税ページ

では~

はんまゆ

コメント

タイトルとURLをコピーしました