花粉症を治す方法~自力で治したウソみたいな話~

★長浜盆梅展の白梅 (2)その他

どうも。元花粉症患者で、アラフォー独身女のはんまゆです。

きょうは実体験として、自力で花粉症を治す方法をつづってみます。

学生時代に発症した花粉症。

春が来るたびに、こんなうっとおしい思いをするのは心底イヤだったので、3年ほどかかりましたが、自力で治しました。

私が花粉症を治した手段は、なんと、”自己暗示”です。

「ヨーグルトはわかるけど、何だよ自己暗示って」

「けっきょく、精神論かよ」

などとツッコミが聞こえてきそうですが、ほんとに治ったんで、実際にやったこと書いてみます。

マスクなど取っ払って、一人でも多くの方が春を満喫できるよう、お役に立てれば幸いです!

 

花粉症発症から自力で治そうと思うまで

花粉症を発症したのは、学生だった23~24年前。(四半世紀近く前って…)

鼻水と止まらないくしゃみ、目のかゆみ、湿疹に、「ついに来たか」と即、病院へ。

薬なしでは到底耐えられない症状が、想像以上にきつくて…。

翌春も、さらに次の年の春も、花粉症の薬が欠かせないようになってしまいました。

何とか治せないかと、ネットで調べても、「完治できる薬はない」だの、「一生の付き合い」だの、絶望的なことばかり。

寒い冬から解放されて、一番好きな季節の春がくるたびに、こんな状態で過ごすなんて絶対イヤでした。

★長浜盆梅展の白梅 (2)

今回、写真がないので2018年の長浜盆梅展(滋賀)の写真で。

「完治できる薬が存在しないなら、なんとか自力で治す方法ないかなぁ」

と思っていたとき、たまたま本屋で見つけたのが、中村天風の「運命を拓く」(講談社文庫)

この本を読んで、心の在り方や気の持ちようがもたらす影響力の大きさを感じて、花粉症を治すには、自分の心や意識から変えていこうと、自分なりに自己暗示をやってみることにしました。

花粉症も気から

「病は気から」って言いますよね。

花粉症も“気”の持ちようでホントに治りました。

自分なりの”自己暗示”に取り組むきっかけになった本「運命を拓く」には、著書・中村天風さんが、インドの聖者に学び、多くの政財界の人にも伝えてきた心の在り方が説かれています。

著者はインドで学んだことで、欧米をまわっても治療法が見つからなかった肺結核が治り、92歳まで天寿を全うしています。

松下幸之助さんや稲盛和夫さんなどにも影響を与えたすごい人なのですが、それはさておき。

★★2018長浜盆梅展の会場

「運命を拓く」を読んで、「病気を治すには、心を変えないと」と思って、花粉症に対する自分の意識を変えるよう、自分なりの”自己暗示”を始めました。

「自分は花粉症」という意識を捨て、花粉症を完治させた人、あるいは、花粉症とは無縁の人としての言動や意識を徹底するようにしました。

 

花粉症を治す!私なりの”自己暗示”の方法

中村天風さんの本に感化されて、花粉症を完治すべく取り組んで自分なりの”自己暗示”。

具体的に行ったのは次の4点です。

1.花粉症の薬をもらいに病院に行くことを止めた

 これ、やり始めた1年目は本当にきつくて。(当たり前か)

 さすがに鼻水垂れ流しながら生活するわけにもいかないので、マスクは着けましたが、“花粉症とは無縁の人間”として、花粉症の薬を断ちました。

 

2.他人からの「花粉症?」という言葉は「風邪気味なだけです」と完全否定する

 当時、一緒に住んでいた母からは、「病院行って、花粉症の薬もらったほうがいいわよ」と何度も言われましたが、そのつど「いや、ちょっと風邪ひいているだけだから」と打ち消しました。

 自分が発する言葉は、潜在意識→体にも影響するので、否定するときも「花粉症じゃないよ!」などと「花粉症」という単語を口にしないようにもしました。

 

3.花粉症を意識しない

 上記1のように、薬を止めると、鼻水やくしゃみなどの症状はきついのですが、

 「やっぱり花粉症はきついなぁ」などと、花粉症をちらっとでも意識したり、憂鬱な気持ちになったりするのを止めました。

 症状がガンガン出ていても、重くとらえず、「風邪早く治したいなぁ」と、“ただの風邪だから大したことない”と、症状を軽くとらえるようにしました。

 

4.花粉症のニュースや情報を見ないようにするor見ても他人事ととらえる

 “花粉症患者”の意識をなくすため、花粉症関連のニュースやCMは、見ないように目をそむけたり、紙媒体ならページを飛ばしたりして、自分の意識下に花粉症が入らないようにしました。

 花粉症を患っていた頃は、スギの木から花粉がぶわ~っと出るような映像や関連商品のCMを見ると、

 「あ~、また花粉症の季節かぁ。いやだなぁ」とブルーになったり、「そろそろ病院行かないと」と反応したりしていました。

  その感じ方を止め、花粉症関連ののニュースやCMを見ても、“花粉症とは無縁の人間”として、

 「いや~、花粉症の人は大変だなぁ」などと他人事としてとらえるようにしました。 

★2018長浜盆梅展ライトアップ

自分なりの”自己暗示”をしてみた結果

上記4点を本気で実践したところ、

開始1年目の春…症状は前年と変わらず。薬やめたので、きつい。早く春が終わればいいと祈る日々。

  2年目の春…症状が半減。前年より明らかに軽くなる。

  3年目の春…病院に行こうと思わないくらい、症状はなくなり、気づいたら春が終わっていた。

  4年目以降…上記4点をやらなくても、症状なし。母親からも「前まで花粉症だったわよねぇ」と言われるくらい、過去のことになる。

こんな感じで、花粉症と決別できました。

★2018長浜盆梅展の紅梅

花粉症の友人知人に、「花粉症は自己暗示で治るよ!」と言って、このやり方を伝えていますが、「じゃぁ私もやってみる~」とか軽いノリで言われるだけで(^-^;

上記四つの花粉症対策”自己暗示”に取り組む前に、

中村天風さんの「運命を拓く」を読んで、気の持ちようがいかに体や人生に影響を与えているかを実感したほうが、納得感をもって取り入れやすいかと思います。

 

ちなみに、自分の気の持ちようや意識を変えるには、「ほんとにうまくいくかなぁ」なんて、半信半疑でやったらダメです!

ほんとに花粉症治したいなら、花粉症とは無縁な楽しい春を過ごせるのを心の底から信じて、意識を変えるところから始めてみてください。

 

おまけ:こつこつヨーグルト

花粉症に効く食べ物の一つとして、よくヨーグルトが挙げられますよね。

“自己暗示”という精神面以外で、花粉症に効いたものとして、唯一思い当たるのが、当時から朝食でほぼ毎日コツコツ食べ続けているヨーグルト。

花粉症は、花粉に対する過剰な免疫反応なので、免疫機能を整えるために、腸内環境の改善につながるヨーグルトなどの発酵食品が有効だという新聞記事を以前見ました。

私個人の感覚では、ヨーグルトは即効性があるとは感じられませんでしたが、年単位で長期的にコツコツ地道に食べ続けることで、体内を整えてくれたのかなとは思います。

ちなみに、”自己暗示”に取り組んでいた数年は、無糖のヨーグルトに、ブルーベリージャムを入れて食べていました。

 

おわりに

これを読んでいる方の中には、自分は花粉症ではないけれども、花粉症の友だちやご両親などのために読んだ、という方もいらっしゃるかもしれません。

そういう方は、「世の中、花粉症の人多いから、自分もいつかなるのかなぁ」などとは絶対思わないでくださいね!

病は気から、花粉症も気から、なので。

2018長浜盆梅展の梅

それにしても、10何年振りくらいに、中村天風さんの「運命を拓く」を開きましたが、最近ちょっとうまくいかないことがあって、やさぐれていた自分に喝を入れられた感じです。

人生後半戦を切り拓いていきたいので、久々にしっかり読んでみようかなと思います。

ここまでアラフォー独身女のブログ「ときめき充電記」を読んでいただき、ありがとうございました!

はんまゆ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました