鹿島神宮日帰り一人旅・奥宮の特別拝観&湧水茶屋のそそる三色団子編

202110鹿島神宮・「湧水茶屋 一休」のそそる三色団子関東、甲信越

どうも。45才独身女のはんまゆです。

日本3大神宮の一つ・鹿島神宮(茨城)への日帰り一人旅連載第3回。

今回は、参拝後に回った以下の場所を紹介します。

◾️奥宮:2021年11月30日まで檜皮葺(ひわだぶき)屋根修繕の特別拝観
◾️鹿島七不思議の一つ「御手洗池(みたらしいけ)」
◾️湧水を使った三色団子が食べられる「湧水茶屋 一休(ひとやすみ)」

 

神武天皇元年が即位した年(紀元前660年)に創建されたという歴史のある鹿島神宮

↓旅気分をお楽しみください!

鹿島神宮の奥宮を特別拝観

拝殿での参拝を終え、奥参道つきあたりにある「奥宮」へ。

2021年10月上旬のこの日は、檜皮葺屋根の修繕中。

あいにくシートに覆われていますが、

202110鹿島神宮・奥宮。檜皮葺屋根修繕 特別拝観できる

11月末まで、説明付きで修繕や屋根を真近に見学できる特別拝観ができます。(500円)

202110鹿島神宮・奥宮。檜皮葺屋根修繕 特別拝観の受付

ヘルメットを着けて、奥宮の屋根へ案内されます。

 

奥宮の檜皮葺き屋根の修繕現場で

古い建物に見られる檜皮葺き(ひわだぶき)の屋根。

檜(ひのき)の皮を何層にも重ねて作り、重厚感あるのが特徴です。

特別拝観で、修繕作業を目の前で見学できました。

202110鹿島神宮・奥宮。檜皮葺屋根の修繕作業を見学

 

ときどき、由緒ある神社で、ぶ厚い檜皮葺きの屋根を見ると、とても日本的で、趣きあっていいなぁと思います。

でも、檜の皮を幾重にも重ねなければあの厚みにならず、今回のように葺き替えも定期的に必要で、長年檜皮葺きの屋根を保つのも大変なんだと知りました。

202110鹿島神宮・奥宮。修繕途中の檜皮葺屋根を見学

↑まだこの薄さですが、これから幾重にも檜皮を重ねていきます。

鹿島神宮の方から聞いた説明によると、檜の皮をはぎ取るのも、檜皮葺き屋根を修繕するのも、ふつうの宮大工ではなく、それぞれの技能を習得した大工さんしかできないとのこと。

「国が補助を出しているけれど、若い後継者がいない」という話も聞きました。

歴史ある神聖な神社の修繕って、とても意義深い仕事だし、日本文化の一つを継承することになるので、担い手が少しでも増えるとよいなと思いました。

 

「湧水茶屋 一休」のかわいい三色団子

鹿島七不思議の一つ、「御手洗(みたらし)池」へ。

202110鹿島神宮・奥宮そばで。要石か御手洗池につづく道

 

「みたらし」という池の名前を聞いたときから、「みたらし団子」のことばかり考えて歩いていたら、ほんとに売ってた!

202110鹿島神宮・湧水茶屋 一休のお団子

すぐそばの湧水を使ったお団子や蕎麦などが食べられる「湧水茶屋 一休(ひとやすみ」。

202110鹿島神宮・湧水茶屋 一休

130年の歴史があるというお店。

看板の「梅ジュース」や「冷やしいちご甘酒」もそそられますが、初志貫徹でお団子を。

 

圧倒的なビジュアル!買わずにいられない(>_<)

202110鹿島神宮・「湧水茶屋 一休」のそそる三色団子

 

湧水茶屋の前は、長椅子がいくつもあるスペースになっているので、

202110鹿島神宮・「湧水茶屋 一休」前に置かれたベンチ

座って、三色団子(450円)にかぶりつきます。

202110鹿島神宮・「湧水茶屋 一休」の三色団子を食べる

自家製みそを使ったみたらし団子、草団子にたっぷりこしあん、きなこ&黒みつ団子。

食べごたえあるサイズで、モチっと歯切れ良いお団子。

爽やかな秋風と、緑の中で食べるお団子。満ち足りました(*^-^*)

~「湧水茶屋 一休」基本情報~
【営業時間】  9時半~17時/無休
【公式サイト】 湧水茶屋 一休

 

鹿島七不思議・御手洗池&湧水テイクアウト

さいごは、湧水茶屋すぐとなりにある「御手洗(みたらし)池」へ。

202110鹿島神宮・御手洗池と説明文

大人が入っても子どもが入っても、水位が胸元の高さになる、という鹿島七不思議の一つ・御手洗池。

泳いでいる鯉も、池の底も、くっきり見えるほど、澄み切っています。

202110鹿島神宮・鯉も泳ぐ御手洗池

池のすぐ後ろに、こんこんと湧きでる湧水が。

202110鹿島神宮・御手洗池そばの湧き水

鹿島神宮の貴重なお水。

湧水茶屋で、ペットボトルが100円で売っているので、そばにある柄杓を使って汲んで帰りました。

鹿島神宮公式サイト・「境内案内」ページ

 

中締め

奥宮の特別拝観から、三色団子の湧水茶屋、御手洗池まで、見どころ満載の鹿島神宮。

東京ドーム15個分の敷地に森が広がり、空気が清らかなので、のんびり歩くだけで、心がスッキリします。

次の連載ラストは、「森林浴&ドキドキの帯占い編」です。

前回までの連載は、下のリンクからどうぞ。

45歳独身女・はんまゆ

 

★鹿島神宮日帰り一人旅★

初回▶鹿島神宮ですがすがしく鹿島立ち!|東京駅~蕎麦屋ランチまで
第2回▶鹿島神宮へ日帰り一人旅|参拝~奥参道〜鹿園編

コメント

タイトルとURLをコピーしました