山形・羽黒山の趣深い国宝五重塔~今だけの特別拝観|山形旅行2

国宝羽黒山五重塔北海道、東北
国宝羽黒山五重塔

こんにちは、働くアラフォー独身女のはんまゆです。

山形旅行の記事2本目は、出羽三山の一つで、国宝五重塔がある羽黒山を紹介します。

羽黒山五重塔が一般公開されるのは明治維新以来、初めて。9月8日放送の「出川哲朗の充電させてもらえませんか」でも登場するみたいですね。(←この一文のみ追記)

他にも、樹齢1,000年以上の杉の木や、国の重要文化財になっている巨大な鐘楼などがある出羽神社など、見どころ満載。写真を色々載せたので、散策気分を味わってもらえれば嬉しいです。

出羽三山の一つ、羽黒山はこんなとこ

今回の山形旅行は、転勤している友だちに会いに行くのが主目的で、山形自体はさほど期待していなかったのですが、前回書いた“クラゲ水族館”といい、実はいいものがいっぱいある県だと実感しました。

その一つが、国宝五重塔のある羽黒山。月山、湯殿山と並び、山岳信仰の山として知られる「出羽三山」の一つで、1,400年ほど前に開かれました。

出羽三山神社のHPによると、

羽黒山では現世利益を、月山で死後の体験をして、湯殿山で新しい生命(いのち)をいただいて生まれ変わる、という類いまれな「三関三度(さんかんさんど)の霊山」として栄えてきたお山である。

―とのこと。今回は、羽黒山だけ行きましたが、また次回、ほかの二つもぜひまわりたいです。

羽黒山には、山形駅から車で約2時間。五重塔まで石段を結構歩くので、スニーカーは必須です。

ベストシーズンはやはり春か秋かと。行ったのは6月下旬でしたが、30℃超えていたので、五重塔に着くころにはかなり汗ばんだので。

途中、滝や川もあるからか、五重塔周辺は湿度がかなり高く感じました。

 

国宝羽黒山五重塔と見どころの写真色々

バス停もある「随神門」から石段を歩いて5分ほど。

朱塗りの橋から滝が見えてきました。

朱塗りの橋から見える「須賀の滝」

朱塗りの橋から見える「須賀の滝」

気温は30℃超えの中、石段を延々歩くこと自体、軽い修行のようですが、「須賀の滝」とすぐそばを走る祓川の水の流れる音が清涼感あって、耳に心地よかったです。

さらに歩くと、巨木が。

樹齢1,000年以上!「羽黒山の爺スギ」

樹齢1,000年以上!「羽黒山の爺スギ」

「随神門」から歩き始めて約10分。石段の先に国宝羽黒山五重塔に見えてきました。

石段の先に見える国宝羽黒山五重塔

石段の先に見える国宝羽黒山五重塔

看板見て、特別拝観期間だと初めて知りました。

「明治維新後初めて」の一般公開でたまたま旅行するなんてラッキー。汗かきながら石段登った疲れも吹き飛びました。

国宝羽黒山五重塔

国宝羽黒山五重塔

羽黒山五重塔は、平将門が建てたそう。今の塔は600年ほど前に再建されたものだとのこと。年季の入った建物、趣き深いたたずまいです。

特別拝観は、今年(2018年)天皇陛下の御在位30年であることや、羽黒山が神社になって150年という節目の年であることなどを記念して行っているそうです。

国宝羽黒山五重塔の入口。中は撮影禁止でした。

特別拝観期間の国宝羽黒山五重塔の入口。中は撮影禁止でした。

駐車場のあるいでは文化記念館では、出羽三山の山伏が吹くほら貝の体験もできます。体験ツアーがあるのか、石段を歩きながらほら貝を吹く団体もいました。

大きな杉の木立に、歴史ある五重塔、「ぼぉ~」っとほら貝の音色…羽黒山ならではの独特な雰囲気が味わえました。

ちなみに、最初の随神門から続く石段をこのまま登ると羽黒山頂に着きますが、山頂までの石段は2,446段!

山を登るのが好きな方はチャレンジしてみてください。

羽黒山の石段

羽黒山の石段

 

羽黒山頂~迫力ある三祭合祭殿など、国の重文がいくつも!~

羽黒山頂に着くと、こんな大祓茅輪(ちのわ)が。

大祓茅輪

大祓茅輪(ちのわ)

書いてある唱え言葉を3回繰り返しながら、八の字にくぐると、心身が清浄になるとのこと。最近、いらっとすることが多かったので、きちんと唱えながらくぐってみました。

どーんと大きい鐘楼と梵鐘もあって、かなりの存在感。

国の重文になっている鐘楼と梵鐘

国の重文になっている鐘楼と梵鐘

国の重要文化財になっている「鐘楼と建治の大鐘」。東大寺、金剛峰寺の次に、古くて大きいそう。

そして、羽黒山と月山、湯殿山の三神を合祭した三神合祭殿(さんじんごうさいでん)。朱塗りで何だか豪華。

出羽三山神社の三神合祭殿

出羽三山神社の三神合祭殿

三神合祭殿のすぐそばにある蜂子神社。

「月山」があるからか、月の満ち欠けがデザインされているのがちょっと可愛い四つの灯篭がありました。

月の満ち欠けがデザインされた灯篭

月の満ち欠けがデザインされた灯篭

お参りを終えて駐車場に戻る途中、こんな光景も。

並んだ末社

並んだ末社

 

ランチと羽黒山&五重塔特別拝観の基本情報

ランチは、羽黒山頂バスターミナルの羽黒山レストハウスで。ここぐらいしか食べられるところなかったので。

店員さんにおすすめを聞いて、冷たいとろろそばにしました。

羽黒山レストハウスの冷たいとろろそば

羽黒山レストハウスの冷たいとろろそば

観光客向けの適当なそばかと思ったら、あっさり薄甘いだしがおいしくてどんどん箸が進みました。食べ応えある大きななめこに、とろろと卵の組み合わせもぴったりで、あっという間に完食。

―国の重要文化財がゴロゴロあって、見どころ満載の羽黒山。

いいところですが、行くなら歩きやすい服装と靴で。季節は春か秋がよいかなと思います。

~羽黒山の基本情報~

【住所】   鶴岡市羽黒町手向字手向7

【アクセス】 バス:鶴岡駅前2番乗り場から「羽黒山頂」、「月山八合目」、「随神門」行きバスで35分→五重塔は「随神門」下車徒歩約10分

       車:山形自動車道鶴岡ICから鶴岡・羽黒線で約10km

~羽黒山五重塔の特別拝観【2018年11月4日まで】~

【営業時間】 8:30~16:30 【拝観料】 大人500円

初めて行った山形の魅力に驚かされた、今回の一泊二日旅行。下の記事から、山形を楽しんでもらえれば嬉しいです!

羽黒山がある鶴岡市の観光ならこちら!

山形市の観光&山形旅行まとめは、こちらから

ここまでブログ「ときめき充電記」を読んでいただき、ありがとうございました。

はんまゆ

コメント

タイトルとURLをコピーしました