ヤタローの胡桃あんぱん~バウムクーヘンの「治一郎」を展開する企業の名物パン~

202103ヤタローの「胡桃あんぱん」を開封スイーツ

どうも。あんこは粒あん派のアラフォー独身女・はんまゆです。

スーパーで見つけた、「ヤタロー」「胡桃あんぱん」で満ち足りたので、さっそく紹介します。

おすすめのポイントは三つ。
・生地にごろごろ入ったクルミ
・あんこ×クルミの相性が最高!
・ボリュームも◎

ではどうぞ↓

「ヤタロー」の「胡桃あんぱん」に満ち足りる

近所のOKストアで見つけた「ヤタロー」の「胡桃あんぱん」
レトロな字体が気になって、足が止まりました。

202103ヤタローの「胡桃あんぱん」

「一九九五年の発売以来」「職人技」「創業昭和八年」―。

このあたりの文言、長年愛されてきた商品だと伝わって、そそられます。

気になりすぎて購入。

202103ヤタローの「胡桃あんぱん」を開封

 

手にすると、あんこがしっかり入っているような重みを感じます。

202103ヤタローの「胡桃あんぱん」を一つ

 

くるみが練り込まれた生地に、粒あん入り。

食べてみると、ゴロゴロ入ったクルミの香ばしさと、あんこの甘さが加わって美味!

202103ヤタローの「胡桃あんぱん」の断面

 

あんこモノって食べていると、終盤やや飽きてきますが、この胡桃あんぱんは別。

クルミの食感と香ばしさがアクセントになって、全く飽きずに、ぺろっと食べちゃいました。

近所のOKストアには、「週一で数量限定で入荷」と書かれていたけど、見かけたら、また買ってしまうクオリティでした。

おすすめです!

 

「ヤタロー」と、バウムクーヘンの「治一郎」

パッケージに書かれた「ヤタロー」という社名。

裏面を見ると、会社の所在地は静岡県浜松市。

浜松発の美味しいもの、といえば、私の大好きなバウムクーヘン「治一郎」の本店も確か浜松だったなぁ。

―とネットで調べてみたら、「治一郎」は、ヤタローグループが展開するブランドの一つでした。

バウムクーヘンは、生地のしっとり感がたまらない逸品ですが、美味しいものをいろいろ作れる会社のようです。「胡桃あんぱん」のクオリティーにも納得。

浜松には、パンやお菓子の工場直売店があって、不揃いな商品などを安く売っているそう。行ってみたい~

工場直売店

「ヤタロー」公式サイトの「胡桃あんぱん」ページ

 

このブログで「治一郎」を紹介した記事のリンクも。

「治一郎」から夏季限定でレモンケーキが登場!即、買って食べる

 

ここまでアラフォー独身女のブログ「ときめき充電記」を読んでいただき、ありがとうございました。

心ときめいた甘味は、カテゴリー「スイーツ」にあります。そちらもご参考にどうぞです。

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました