アレキサンドロスのライブ一人参戦記@代々木【2022/12/8ツアーファイナル】前半戦

20221208アレキサンドロスのツアーファイナル@代々木第一体育館で満月と素敵なモノ・作品

どうも。アレキサンドロス([Alexandros] )の一人ライブ参戦歴4年の46才独身女・はんまゆです。

今回は久々のライブレポートを。

12月8日(木)、国立代々木競技場第一体育館で開かれた『But wait. Arena? 2022 supported by Panasonic』ツアーファイナルです!

 

★3時間約30曲。アレキサンドロスの魅力の一つである楽曲の多彩さを満喫できるセトリ
★コンサートでの新型コロナ感染予防対ガイドラインの改訂(11月4日)で、声出し解禁に
★個人的に大好きな曲が特に多くて、アレキサンドロスのライブに行くようになったこの4年間で過去最高(*^-^*)

 

最高にアツく楽しく濃い3時間。

[Alexandros] から少し早いクリスマスプレゼントをもらったような気分になりました(^-^)

色々書いていたら長くなり過ぎたので、2回にわけて連載します✒

 

アレキサンドロスのライブで代々木体育館へ

2022年しめくくりのアレキサンドロスのライブ。

定時で即、会社を出て国立代々木競技場第一体育館へ。

ツアートラックに早速テンション上がる!!

20221208アレキサンドロスのツアーファイナル@代々木第一体育館で

 

↓左に写っているテントのグッズ売り場でTシャツを買って、館内へ。

20221208アレキサンドロスのツアーファイナル@代々木第一体育館。

 

今回の座席は2階席。

20221208アレキサンドロスのツアーファイナル@代々木第一体育館。座席から

代々木第一体育館の座席からの眺め(※終了後に撮影)

花道の先にある中央ステージがちょうど前方にあって、割に見やすい座席。

ツイートしながら開始を待ちます(*^-^*)

 

 

アレキサンドロスのライブ@代々木 スタート!

いよいよ始まったアレキサンドロスの『But wait. Arena? 2022 』。

公開されたセットリストに沿ってリポートします!

セトリは▶https://alexandros.lnk.to/yoyogiDAY2

 

アレキサンドロス セトリ1~5曲目

いつもの「Burger Queen」が流れて、「あ~、いよいよライブが始まる~~」とワクワク感が一気に高まる。

ニューアルバム『But wait. Cats?』1曲目からいよいよスタート!

◾️aleatoric
メンバーがステージに登場した瞬間、まだ歌も始まっていないのに「やっぱりかっこいい」と改めて実感。

◾️adventure
いつ聴いても何度聴いてもグッとくるこの曲を、ライブの初っ端からやっちゃうなんてたまらない。声出し解禁になって、「オーオーオー」のコーラスを会場皆で歌う一体感は3年ぶり。歌える喜びを実感。

 

↓喜びをかみしめたところから一転

◾️Baby’s Alright
ドラマ「六本木クラス」の主題歌で、むちゃくちゃカッコいいロック。
出だしのギターを聴いた瞬間、「adventure」でちょっとじーんときていたところから気持ちを一気に引き上げられる。リアドさんの全身のエネルギーをぶつけるような激しいドラムで、会場のボルテージも一気に上がる。

ライブの途中、洋平さんが「ジェットコースターのような」と表現していたように、今回のライブは曲順に”高低差”ありすぎて、いい意味で心をかき乱された。

 

◾️Waitress, Waitress!
イントロのドラムから、「Baby’s Alright」で一気に上がったテンションがさらに引き上がる。

 

◾️無心拍数
サビの「オーオーオーオー」を会場全体で歌う声が響き渡る。サッカーのアニメ「アオアシ」のオープニングテーマらしく、曲の疾走感が気持ちいい。

 

ここで洋平さんから「先輩の曲をやっていいですか?」というひと声で、レニー・クラヴィッツの「Rock And Roll Is Dead」など、数曲が演奏される。

 

アレキサンドロス セトリ6~8曲目

◾️クラッシュ
ニューアルバム『But wait. Cats?』10曲目。少しゆっくりのテンポの曲なので、ここでようやくひと息つける。

 

メンバー全員が花道から中央ステージへ。近くに来て嬉しい(*^-^*)

20221208アレキサンドロスのツアーファイナル@代々木第一体育館。座席から

(※ライブ終了後に撮影)

 

◾️あまりに素敵な夜だから
この曲聴くたびに、「なんかおしゃれで都会的だなー」と思う。「素敵な夜、っていうか、このバンド自体が素敵なんだよなー」と思いながら聴く(^-^)

◾️SNOW SOUND
紙吹雪が舞い散る中での演奏。すっかり寒くなった12月の今の時期にぴったり。

 

アレキサンドロス セトリ9~14曲目

バラードが続くかと思いきや、イントロ聴いただけで「キター!!」となるこの曲が

◾️Kick&Spin
アレキサンドロスのライブのど定番。一気にテンション上がる!!

 

◾️どーでもいいから
ニューアルバム『But wait. Cats?』の中で、私の特に好きな曲ベスト3の一つ。スクリーンに歌詞も出て、歌って踊りたくなる。

聴くと無条件に気分上がります↓

 

 

◾️Kaiju
洋平さんとヒロさんの掛け合いのラップから始まる。「どーでもいいから」で気分良くなっていたところで、大好きな曲が来てたまらなかった!!

直前の「どーでもいいから」の歌詞で「見つかった猫をまたルッキンフォー」とありますが、この「Kaiju」では、スクリーンに怪獣みたいに口から火をふくでかい猫が描かれていました。

 

◾️ Wanna Get Out
「なんでこんなに私が大好きな曲を連チャンでやるんだ」と嬉しすぎて泣きそうになる。「もう今の会社、いいかげん辞めたい。でも行きたい先が見つからない」ってモヤつく朝の通勤電車で、気持ち切り替えるのにこの曲をよく聴く。

この曲自体、テンポや曲調が目まぐるしく変わる曲なので、今回のライブに合っていた。

 

◾️Claw

↓雰囲気がまたガラッと一転

◾️Waterdrop
いくつも落ちては消える水滴と波紋がスクリーンに映し出される中、演奏が始まる。

 

◾️日々、織々
Panasonic洗濯機と花王アタックの『「#センタク」プロジェクト』のテーマソング。スクリーンにはぐるぐる回るレコードと洗濯機の映像が流れる、爽やかな曲。

 

 

長くなったのでとりあえずここまで。

後半のリポートは▶アレキサンドロスのライブ一人参戦記@代々木【2022/12/8ツアーファイナル】後半戦

(今回のライブの曲はこちらから聴けます▶https://alexandros.lnk.to/yoyogiDAY2

では!

46才独身女・はんまゆ

 

★関連記事~アレキサンドロスのライブ一人参戦記★
アレキサンドロスのライブ、ひとりでこんな風に楽しんでます~ルーティーン、服装など~
アレキサンドロスの日本武道館ライブ(2021年10月27日)にひとり参戦【前半】
アレキサンドロスのライブ一人参戦~ALEATORIC TOMATO Tour 2021@Zepp羽田~

コメント

タイトルとURLをコピーしました