奈良・世界遺産「吉水神社」へ~南朝の皇居で文化遺産&新緑を楽しむ~

202104春の奈良一人旅。吉野山の世界遺産「吉水神社」の境内奈良

どうも。アラフォー独身女・はんまゆです。

4月半ばに一人旅した奈良・吉野の名所紹介のつづき。

今回は、南朝時代の皇居になった、世界遺産「吉水神社」です。

 

おもな見どころは、

■源義経と静御前の遺品 ■後醍醐天皇の玉座 ■豊臣秀吉が催した花見のゆかりの品と庭園 ■日本最古の書院

前回の記事で紹介した金峯山寺とセットで、吉野で必見のスポットです!

 

奈良・吉野の世界遺産「吉水神社」へ

世界遺産「吉水神社」は、吉野山のシンボル「金峯山寺」から歩いて7~8分。

近鉄「吉野」駅→ロープウェイで下車。徒歩20分ほどにあります。

202104春の奈良一人旅。吉野山の世界遺産「吉水神社」

 

新緑に包まれる中、向かいます。

202104春の奈良一人旅。吉野山の世界遺産「吉水神社」。新緑の中を歩く

 

境内に到着。

202104春の奈良一人旅。吉野山の世界遺産「吉水神社」の境内

 

秀吉が設計した「吉水院庭園」と参拝の作法

吉水神社の境内に入ると、豊臣秀吉が設計を行った名勝「吉水院庭園」が広がります。

202104春の奈良一人旅。吉野山の世界遺産「吉水神社」の吉水院庭園

秀吉が、吉野で花見をした際、吉水神社を本陣にしたとのこと。

「秀吉が考えた庭園」が目の前にあると思うと、とても貴重で、しばらく見入ってしまいました。

 

吉水神社での参拝は、「二礼 十七拍手 一拝」と珍しい作法。

202104春の奈良一人旅。吉野山の世界遺産「吉水神社」の参拝の作法

参拝を済ませて、書院の見学へ。

 

吉水神社で見学できる遺産いろいろ

吉水神社の書院にある文化遺産は、撮影OKか不明だったこと、遺産が貴重なものばかりで写真撮るのがためらわれたので、以下、写真無しで、HPのリンクとともに紹介します。

吉水神社で見たものでインパクトがあったベスト3は、

 1.源義経と静御前の着物

:頼朝の追手から逃れ、隠れ住んでいた吉水院。時の長さを感じる着物が生々しく、「ほんとうに二人がここで生きていた」感がした。

 

 2.後醍醐天皇の玉座

:後醍醐天皇が南朝の皇居とした吉水院ならではの遺産。華やかさと上品さを感じる空間。床の間や棚など、珍しい造りの書院です。

:「華やかなものに囲まれていた京から、吉野の山奥に来たらさぞ寂しかったんじゃないかなぁ」などと想像をかきたてられる遺品の数々。

 

3.秀吉のお花見の品々

:秀吉が1594年、吉水院を花見の本陣としたときの金屏風など、愛用品があります。いずれも豪華さを感じます。

上記3点と展示されている日本最古の書院など、詳しくは

吉水神社HPの「重要文化財・御宝物」ページ

 

吉水神社しめくくり

源義経、豊臣秀吉、後醍醐天皇ー品々にゆかりある人物がことごとく大物の吉水神社。

さすが世界遺産の神社です。

こんなにすごい遺産を、ガラスのショーケース越しではなく、ダイレクトに見られるのもすごい。

 

直前に参拝した金峯山寺とちがい、吉水神社では、参拝客が私と1組だけ。

世界的価値のある品々を静かに見学できるなんて、最高です。

202104春の奈良一人旅。吉野山の世界遺産「吉水神社」からも見える「金峯山寺

吉水神社の庭から見える金峯山寺

 

吉水神社には「邪気払い所」もあります。

私は雨が降り出してできませんでしたが、元気をもらえるパワースポットらしいです⇒吉水神社「境内案内」ページ

 

~吉水神社の基本情報~

【拝観時間】 9時~17時

【拝観料】  600円

【アクセス】 近鉄「吉野」駅→ロープウェイで「吉野山」駅。徒歩約20分

【HP】  吉水神社HP

 

吉野の観光スポットの紹介。次は「如意輪寺」です。

(前回は⇒奈良の世界遺産「金峯山寺」(吉野)の特別ご開帳で”懺悔”タイム

 

吉野のおすすめグルメはこちら。

奈良・吉野の「舟形家」で吉野本葛の葛餅などを買う~おすすめの葛菓子屋さん~

柿の葉寿司 やっこ~奈良・吉野でテイクアウトした、おすすめの柿の葉寿司

奈良・吉野のこだわり豆腐屋さん「豆富茶屋 林」で夕ごはん

 

春の奈良一人旅の連載は、以下のリンクからどうぞ。

アラフォー独身女・はんまゆ

 

★2021年4月・春の奈良一人旅 連載もくじとダイジェスト版★

春の奈良一人旅(2021年4月下旬)連載記事のもくじページ

春の奈良一人旅ダイジェスト版~花と新緑に癒された2泊3日~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました