佐倉市立美術館(千葉)にプチ日帰り一人旅~イイ感じのカフェも~

202103佐倉市立美術館(千葉)の外観関東、甲信越

どうも。アラフォー独身女・はんまゆです。

先日、企画展を見に、佐倉市立美術館(千葉)へ行ってきました。

日帰りのプチ一人旅。気分転換になって、なかなか良かったです(*^-^*)

地方の美術館での美術鑑賞&近くの観光名所めぐり、という新しい旅の仕方も発見しました。

では早速どうぞ↓

佐倉市立美術館(千葉)に向かう

佐倉市立美術館に行ったのは、2021年3月。

午後、PRプランナーの試験が北千住であったので、受験後に向かいました。

北千住からだと、1時間ちょっと。
北千住牛田で京成本線に乗り換え。京成関屋→(京成高砂で快速に乗り換え)→京成佐倉

 

1時間も電車に乗っていると、家もまばらになって、車窓からは畑しか見えなくなり、旅気分が味わえました。

京成佐倉駅南口を出ると、こんな感じ。

202103京成佐倉駅南口を出たところ

 

…何もない駅ですが、降りたことのない駅、見知らぬ土地に降り立つと、

「これからどんなものが見つけられるかなぁ」

とちょっとわくわくします。

 

佐倉市立美術館&カフェ

京成佐倉駅南口を出て、南へ直進して8分で到着。素敵な建物です。

202103佐倉市立美術館(千葉)の外観

 

このとき開催されていた企画展「沈黙の春に」では、生命や自然をモチーフにした作品を作る作家の作品が紹介されていました。

202103佐倉市立美術館(千葉)。企画展のチケット


チケットをもらったとき、このチューリップが描かれた絵の色合いの美しさに惹かれて、「これ、ぜったい見に行こう」って思いました。

画家の木村彩子さんの作品です。

HPで、柔らかな色合いの自然の草花を描いた作品の数々が見られます。

木村彩子さんのHP

 

薄墨などで描いた花や草木、動物、自然の風景が、幻想的な雰囲気を醸し出していた、染谷悠子さんの作品も、見とれてしまいました

小山登美夫ギャラリー→「カオスモス6 沈黙の春に」染谷悠子さんの作品紹介ページ

 

佐倉市立美術館のカフェ「ブォナ ジョルナータ」

素敵なアートを見て、心洗われた後は、カフェでひと休み。

佐倉市立美術館の1階にあるカフェ「ブォナ ジョルナータ」へ。

202103「カフェ ブォナ ジョルナータ」

 

「大人のカフェモカ」「ローストポークサンドイッチ」「フレンチトースト」―なかなかそそるメニュー。

202103佐倉市立美術館(千葉)。カフェのメニュー。

ワインやベルギービールも。

美術作品見た後に、軽くお酒をたしなむ、ってなんだかおしゃれ。

 

ちょうど見たばかりの企画展の特別限定メニュー「トリュフチョコのケーキ(400円)」にしてみました。

202103「カフェ ブォナ ジョルナータ」。特別限定メニュー「トリュフチョコのケーキ

赤ワインとラム酒が入った、とびきり濃厚な生チョコケーキ。
ケーキというか、ほぼ生チョコ。なめらかで美味でした。

美術館で、こんなに丁寧に作られた上質なデザートが食べられるなんて。

ハーブティー飲みながら、ほっとくつろいで、いい時間過ごせました。

カフェ「ブォナ ジョルナータ」のHP

 

佐倉市の観光名所「サムライの古径 ひよどり坂」をチラ見

佐倉市立美術館のチケットをくれた先輩から

「佐倉市は武家屋敷がある街。すごい竹林もある」

と聞いていました。

 

美術館を出た時点で、17時すぎ。

日が傾き始めていたので、聞いていた竹林は、入口付近をチラ見しただけでしたが、江戸時代みたいな雰囲気でした。

美術館から徒歩15分ほどで着いた「サムライの古径(こみち) ひよどり坂」。

202103「サムライの古径 ひよどり坂」

 

もっと明るい時間に来ていたら、散策したかったなぁ。

202103「サムライの古径 ひよどり坂」を少し入ったところ

くわしくは、佐倉市のHPで。

 

おまけ~「蔵六餅本舗 木村屋」&麻賀多神社

佐倉市立美術館から「サムライの古径」の竹林へ向かう途中、蔵造りでいい雰囲気の和菓子屋さんがありました。

202103「蔵六餅本舗 木村屋」

「蔵六餅本舗(ぞうろくもちほんぽ) 木村屋」。

今は和菓子屋ですが、あんぱんの「銀座木村屋」からのれん分けしたお店として、昔はパン屋だったとのこと。

店頭の看板によると、蔵の見学ができるそうです。

いいものつくっている食べ物屋さんって、たたずまいとか看板とか、外観からもう感じるんだよなぁ。時間あったら寄りたかったなぁ。

「蔵六餅本舗 木村屋」Facebook

 

竹林に行く途中には、麻賀多神社という神社も。軽く参拝。樹齢800年以上のイチョウの木がありました。

202103麻賀多神社

 

しめくくり

佐倉市は、佐倉城の城下町として栄えた町。

今回はごく短時間の滞在で行けませんでしたが、武家屋敷や、ルノワールなどの名画が見られる「DIC川村記念美術館」など、まだまだ掘りがいありそう。

佐倉市観光協会の観光施設紹介ページ

 

一人旅の旅先って、新幹線で行くような遠方のことばかり考えていました。

でも、関東近郊にも、探検しがいのあるところはあるんですね。。

片道ほんの1時間でも、初めての土地で初めて見るものに触れるのは新鮮で、気分もリフレッシュできます。

今回みたいに、地方の美術館での美術鑑賞と周辺の観光名所めぐりをセットにした旅の仕方もおすすめです!

 

では。

アラフォー独身女・はんまゆ

コメント

タイトルとURLをコピーしました