一人旅で買った佐賀土産の定番「松露饅頭」と「丸芳露」の素朴さにハマる

どうも、アラフォー独身女のはんまゆです。

佐賀土産って、何を思い浮かべますか?

一人旅でお土産に買ってハマった「松露饅頭」と「丸芳露」を紹介して、連載をしめくくります。

絶品!!というほどではないのですが、その素朴さにハマり、食べ終わってから、都内で買える場所を探したくらい。

佐賀土産のど定番ですが、二つとも、長年愛されている良質なお菓子です。

お菓子以外のグルメ情報もチラッと書いていますので、佐賀土産選びのご参考に。

ひと口サイズのおまんじゅう「大原松露饅頭」

松露(しょうろ)饅頭は、一口サイズのこしあん入りまんじゅうです。

「松露」は、松林に生えるきのこで、佐賀県唐津市にある日本三大松原の一つ、虹の松原にも生えています。

このおまんじゅうは、まぁるい形をしたきのこ「松露」に似ていることから、その名がついたそうです。

 

私が食べたのは、唐津に本店がある創業嘉永3年(1850年)の「大原老舗」の松露饅頭。

こしあんが薄いカステラ生地で包まれたおまんじゅうは、口にぽんと放り込めるほどの可愛らしいサイズです。

控えめな甘さと素朴な味わいがたまらず、都内で買えないか調べたくらい。

上記の大原老舗のHPの「売店のご案内」を参考に、日本橋三越の「菓遊庵」で買い、佐賀のことを懐かしく振り返りました。

 

素朴な味わいのお菓子「丸芳露(まるぼうろ)」

もう一つ、佐賀土産でおなじみなのが丸芳露(まるぼうろ)。

小麦粉と砂糖、卵などでできた素朴でシンプルなお菓子です。

 

私が食べたのは、北島の丸芳露。

創業1696年という300年以上の歴史あるお菓子屋さんが作る、懐かしさを感じるおやつです。

バターやアーモンドパウダーを加えた生地に、あんずジャムを挟んだ「花ぼうろ」も好きです!

 

北島の丸芳露は、都内では、日本橋三越の菓遊庵や日本橋高島屋などでも買えます。

佐賀県首都圏事務所の職員の方が、首都圏で佐賀のお菓子を買えるお店をまとめた一覧を見つけましたのでご参考に→「旬屋佐賀めし」

…松露饅頭も丸芳露も、その素朴さと控えめな感じがいいなぁと思います。

 

「呼子萬坊」のフワフワいかしゅうまい

前回の佐賀旅で、呼子の名物、美味しすぎるイカの活き造りを紹介しましたが、イカのしゅうまいも大好きです!

ふわふわした食感とイカのうまみがたまらない一品です。

有名なのがいかしゅうまい発祥の店「呼子萬坊」。

呼子に行ったとき、このお店で食べようかと思ったのですが、昼時でかなり混んでいるようだったので断念しました(>_<)

オンラインショップもありますし、百貨店でときどき開かれる九州物産展にもよく出展しています。

 

佐賀旅まとめ

2017年5月下旬、佐賀一人旅を終えた後、

「佐賀の魅力がほぼ全く知られていないのがもったいなさすぎる!」

と、職場の同僚や友だちに、嬉野温泉や呼子の美しいイカの活き造りなどについて、画像を見せながらPRしたくらい佐賀にハマりました。

調べてびっくりしたのが、物産を買える公式アンテナショップがないこと。

ネットで調べたら、佐賀役所の人が「アンテナショップを作っても、どうせ人が来ないから」(←自虐過ぎる!)などと語っている記事を見つけたことも…。

 

東は福岡、西は長崎に挟まれた佐賀。

九州は、湯布院や黒川温泉などの著名な温泉や、黒毛和牛、黒豚、マンゴーといった人気名物、阿蘇や高千穂などの名所があったりと、キャラが立っている県ばかり。

そんな中、佐賀の存在感は薄くなりがちですが、身も心もくつろげるところや美しいものがたくさんあります。

今回の旅ではちょっとしか食べませんでしたが、佐賀牛の美味しさもハンパないです!

全国に色々な〇〇牛がありますが、これまでの人生で食べた中で、私の中の一番は佐賀牛です。

 

佐賀の魅力を一人でも多くの人に知ってもらい、佐賀を訪れる人が少しでも増えればいいなぁと思います。

佐賀一人旅の連載は、今回で終わり。

前回までの連載は、以下のリンクからご覧ください!

では。 

アラフォー独身女・はんまゆ

 

~佐賀一人旅 連載記事~

第1回 佐賀・嬉野温泉の日本三大美肌の湯&ブーゲンハウスで、女子力アップする一人旅 

第2回 佐賀への一人旅で、嬉野温泉のとろとろ湯豆腐&嬉野茶スイーツを堪能!

第3回 佐賀への一人旅で武雄温泉へ~温泉とおしゃれ図書館で身も心も充電!~

第4回 一人旅で行った慧洲園&御船山楽園(佐賀・武雄温泉エリア)の自然美に癒される

第5回 有田焼のお買い物でテンション上がった佐賀一人旅

第6回 佐賀・呼子のイカで一人旅をしめくくり~イカだけでごはんが進む美味しさ!~

タイトルとURLをコピーしました