一人旅で行った慧洲園&御船山楽園(佐賀・武雄温泉エリア)の自然美に癒される

慧洲園九州、沖縄

こんにちは、アラフォー独身女のはんまゆです。

佐賀一人旅で行った武雄温泉エリアの見どころを紹介した前回のつづきです。

今回紹介するのは、日本庭園の「慧洲園(けいしゅうえん)」と「御船山楽園」。

四季の自然の美しさが感じられるのはもちろん、御船山を背景にしたスケールの大きい庭園が楽しめます。

自然の緑に、仕事でくたびれた心も癒えました!

御船山をバックにした日本庭園「慧洲園(けいしゅうえん)」

一人旅で行った、佐賀の日本庭園・慧洲園。

敷地は3,000坪!

背景に立つ御船山と調和するように作られ、スケールの大きさが感じられる庭園です。

慧洲園

 

慧洲園の池

「庭園の外にある山を背景にして整えた庭園って、島根の足立美術館の庭園みたいだなぁ」

と思って調べたら、両方とも作ったのは、作庭家の中根金作さん。「昭和の小堀遠州」と言われるすごい造園家でした。

 

5月下旬の平日で、ツツジの見ごろを過ぎた後だったからか、お客さんはほとんどなく、静かな中、美しい庭園を満喫しました。

満開のツツジを見るなら、もう少し早い時期が良さそう。

慧洲園と美術館

 

全国ほとんどの県を旅しましたが、日本庭園は立ち寄りスポットとしておすすめです

小鳥のさえずりや風のそよぐ音しか聞こえない静けさに包まれて、美しく整えられた庭園を眺めていると、仕事や生活に追われている心が安らぎます。

 

慧洲園は、背景の御船山とも合わせて新緑の美しさが楽しめる、素敵な庭園でした。

10~11月も無休だそうなので、秋の紅葉シーズンの景色も期待できそう。

規模は小さいですが、美術館も併設されています。

 

~慧洲園の基本情報~

【営業時間】 9:00~17:00

【休み】   水曜日。(4~5月、10~11月は無休)

【アクセス】 JR武雄温泉駅南口からバスで7分。「枯れ木の塔」で下車。

【入園料】  600円

【HP】   日本庭園「慧洲園」

 

 170年以上の歴史がある庭園「御船山楽園」

佐賀・武雄温泉エリアで緑を楽しめるもう一つの観光スポットは、慧洲園からバス停で一つ隣の「御船山楽園」。

1845年に佐賀藩武雄領主の鍋島茂義公によって作られた、歴史ある庭園です。

御船山楽園

背景にそびえる御船山の断崖がダイナミックです

…ほぼ緑一色ですが、慧洲園と同様、もっと早い時期に行けば、一面のツツジが楽しめます。

私は敷地内の御船山楽園ホテルに泊まって、朝のお散歩で園内を回りました。

宿泊客だけ、園内に設けた茶屋バー(3月1日~12月末。月曜定休)で、ライトアップされた庭園を鑑賞できます。

夜は、照明がほとんどない屋外を一人で歩くのはちょっと怖かったので、朝の庭園散策だけしました。

 

~御船山楽園の基本情報~

【営業時間】 8:00~17:00

【休み】   無休

【アクセス】 JR武雄温泉駅南口からバスで約8分。「御船山楽園」で下車。

【入園料】  400円(御船山観光ホテルに宿泊すると、入場券が無料でもらえます)

【HP】   御船山楽園のHP

御船山楽園ホテルでは、棚田で栽培された佐賀の品種「夢しずく」を使っているそうですが、旅の初日の嬉野温泉から、佐賀はどこでもお米が美味しく、ごはんが進みました!

 

佐賀一人旅の連載。

次回は、第5回 有田焼のお買い物でテンション上がった佐賀一人旅です。

日本三大美肌の湯「嬉野温泉」や、美味しさに感動した呼子名物イカの活き造りなど、佐賀には知られざる魅力がたくさん!

下の連載記事から佐賀旅をお楽しみください。

では!

はんまゆ

 

★佐賀一人旅 連載記事★

第1回 佐賀・嬉野温泉の日本三大美肌の湯&ブーゲンハウスで、女子力アップする一人旅 

第2回 佐賀への一人旅で、嬉野温泉のとろとろ湯豆腐&嬉野茶スイーツを堪能!

第3回 佐賀への一人旅で武雄温泉へ~温泉とおしゃれ図書館で身も心も充電!~

第6回 佐賀・呼子のイカで一人旅をしめくくり~イカだけでごはんが進む美味しさ!~

第7回 一人旅で買った佐賀土産の定番「松露饅頭」と「丸芳露」の素朴さにハマる

タイトルとURLをコピーしました