佐賀・呼子のイカで一人旅をしめくくり~イカだけでごはんが進む美味しさ!~

呼子の「歳香亭」イカの活き造り九州、沖縄

こんにちは、アラフォー独身女のはんまゆです。

佐賀の名物「呼子(よぶこ)のイカ」って知っていますか?

一人旅の最終日に食べた呼子のイカがあまりに美味しかったので、ご紹介します。

とれたてのイカは、新鮮で、ガラス細工のような透明度としなやなか弾力と旨みに感激!

イカだけでごはんがガンガン進んだのは初めての経験でした笑

呼子(よぶこ)への行き方

呼子は、佐賀県最北部にあって玄界灘に面した街。

唐津バスセンターから昭和バスに乗って30分(750円)で着きます。

佐賀一人旅。呼子の景色

呼子の景色。爽やかな海風が吹いて気持ち良かったです。

風は強めでしたが、快晴で、海も空も真っ青。爽やかさ満点でした。

呼子は朝市が有名(唐津観光協会の呼子朝市ページ)で、焼きイカなどのイカ製品や海産物などを売るお店がずらっと並びます。

私が呼子に着いたのは正午前ぐらいだったので、ほぼ店じまいモードでした。

 

呼子名物!美しくて美味しいイカの活き造り

佐賀に一人旅する前、九州出身の知人に佐賀名物をたずねると、「呼子のイカ」との答え。

ネットの佐賀観光情報にもよく出てきます。

…「美味しい黒毛和牛」などと言われればときめきますが、「美味しいイカ」って言われてもなぁ、と半端なテンションでとりあえず向かった呼子。

 

でも、食べてビックリ。必食の逸品です!!

ランチでイカを食べたのは、朝市が開かれる松浦町商店街の「呼子朝市いか処 歳香亭」。

この旅で佐賀牛を食べてなかったことに気づき、佐賀牛の炙り付きの「いか活き造りと佐賀牛定食」(2,900円)を注文しました。

 

テーブルに来たイカの新鮮さ、透き通っていてガラス細工みたいな美しさに、見入ってしまいました!

呼子の「歳香亭」イカの活き造り

箸置きまでイカ。こだわりが可愛い笑

箸置きなど、細かなところにもこだわりが見られるお店って大概、料理も美味しい。

このお店も当たりでした!

イカの活き造りは、口に入れるとぷるぷるでピチピチ。ついさっき採ってきた、という感じの新鮮さが半端ないです。

 

活き造りを食べ終わると、ゲソを天ぷらに。

カラッと揚がった呼子のイカは、熱が入っても適度な弾力。

旨みもあって、撮ることを忘れるほど、一気に食べました。

イカでこんなに満ち足りたのは、人生で初めて(*^-^*)

 

呼子のイカは活き造りだけでなく、いかしゅうまいも名物です。

呼子には、百貨店で開かれる九州物産展でよく出てくる、いかしゅうまい発祥の「呼子萬坊」のレストランもありました。

 

~「呼子朝市いか処 歳香亭」の基本情報~

【営業時間】 10:00~17:00/不定休

【アクセス】 呼子バスセンターから徒歩3分

【Facebook】 「呼子朝市いか処 歳香亭」のFacebook

 

呼子の洞窟「七ツ釜」を楽しめる遊覧船「イカ丸」

呼子の見どころの一つは、七ツ釜という洞窟。

かまどが七つあるような洞窟で、珍しい形状の岩々が見られる景勝地です。

マリンパル呼子の七ツ釜遊覧船「イカ丸」に乗ってみました。

呼子の「イカ丸」からの眺め1

 

呼子の「イカ丸」からの眺め2

海の波で、柱のような珍しい形状で削られた岩々がダイナミック。

 

海が少し荒れていたため、通常コースのように洞窟の中までは入れなかったです。

海の深い青さが本当に美しかったので、乗ってよかったです。

マリンパル呼子には半潜水型海中展望船もあります。

海の生き物を見るのが好きな人は、こちらの方がよさそうです。

 

~マリンパル呼子の七ツ釜遊覧船「イカ丸」~

【出航時間】 9:30が始発で、1時間ごとに出航。最終は16:30。

【料金】   大人1,600円

【HP】   マリンパル呼子のHP

 

唐津の街を歩く

呼子に向かう昭和バスが発着する唐津。

唐津焼が有名ですが、焼き物はすでに有田で堪能したし、佐賀一人旅の最終日で東京に帰るので、街歩きを軽く楽しみました。

唐津バスセンターから歩いて行ける「曳山展示場」では、毎年11月の「唐津くんち」で使われる、華やかな曳山が見られます。

佐賀一人旅。唐津の曳山展示場1

 

佐賀一人旅。唐津の曳山展示場2

 

~曳山展示場~

【営業時間】 9:00~17:00(入場は16:40まで)

【休み】   11月3日~4日、12月第1火曜とその翌日、12月29日~31日

【入場料】  一般300円

【HP】   曳山展示場のHP

 

その隣の唐津神社。純白の鳥居って初めて見ました。青空に映えてきれい。

佐賀一人旅。白い鳥居が青空に映える唐津神社

 

武雄温泉のときの記事でも触れた、唐津市出身で、東京駅の駅舎を設計した辰野金吾が手がけた旧唐津銀行も見学。

1997年まで、佐賀銀行唐津支店として使われていたそう。

こんな風に、雰囲気ある素敵な銀行だったら、待たされても苦にならないかも。

佐賀一人旅。レトロでオシャレな建物、旧唐津銀行

 

~旧唐津銀行の基本情報~

【営業時間】 9:00~18:00

【休み】   無休

 

唐津を最後に、3泊4日の佐賀旅を終えました。

連載ラストは、佐賀から帰ってきてからちょっとハマったお土産スイーツ

身も心もリフレッシュできた佐賀一人旅の連載記事は、以下のリンクからもどうぞ。

では。

アラフォー独身女・はんまゆ

 

~佐賀一人旅 連載記事~

第1回 佐賀・嬉野温泉の日本三大美肌の湯&ブーゲンハウスで、女子力アップする一人旅 

第2回 佐賀への一人旅で、嬉野温泉のとろとろ湯豆腐&嬉野茶スイーツを堪能!

第3回 佐賀への一人旅で武雄温泉へ~温泉とおしゃれ図書館で身も心も充電!~

第4回 一人旅で行った慧洲園&御船山楽園(佐賀・武雄温泉エリア)の自然美に癒される

第5回 有田焼のお買い物でテンション上がった佐賀一人旅

タイトルとURLをコピーしました