佐賀・嬉野温泉の日本三大美肌の湯&ブーゲンハウスで、女子力アップする一人旅

★佐賀一人旅1・ブーゲンハウス嬉野1女一人旅

こんにちは。アラフォー独身女のはんまゆです。

昨春(2017年5月)行った、佐賀一人旅の連載を書いていきます。

第1回は、日本三大美肌の湯「嬉野温泉」とブーゲンビリア400本が咲き乱れる「ブーゲンハウス嬉野」。

とろんとしたお湯に、ブーゲンビリアの花園―。

40過ぎた私ですら、”女子力”UPした気がする(気のせい?)、女性におすすめの温泉ですよー。

 

佐賀一人旅コース&嬉野温泉への行き方

昨年(2017年)の5月、仕事でつぶれたGWの代休で、一人旅した佐賀。

佐賀は九州で唯一行ったことのない県でした。

となりの福岡とセットで旅しようかと思っていました。

でもネットで色々調べたら、「日本三大美肌の湯」といわれる嬉野温泉、おしゃれな図書館で有名な武雄温泉、有田焼や唐津焼といった美しい焼き物―。

佐賀だけで充分楽しめるんじゃないかと、佐賀旅にしました。

 

佐賀一人旅3泊4日コース

佐賀一人旅は、こんなコースで巡りました。

【初日】  嬉野温泉観光&宿泊。

【2日目】 午前中まで嬉野温泉。昼から武雄温泉へ&宿泊

【3日目】 有田へ。うつわの買い物。夕方、唐津に移動して宿泊。

【最終日】 朝、唐津から呼子へ。ランチ&呼子湾クルーズを楽しんで、唐津から福岡空港→帰京。

 

嬉野温泉への行き方

東京から嬉野温泉までのアクセスは、

羽田空港→九州佐賀国際空港。ジャンボタクシーで約1時間→嬉野温泉

タクシーは前日16時までに予約すれば、2,000円で嬉野温泉の宿泊旅館まで直行できます。すごく楽で、快適!

乗合になった、出張のビジネスマンとおしゃべりしたり、小麦畑が広がる風景をのんびり眺めたり。

小一時間のドライブを楽しみました。

嬉野温泉は、見どころが徒歩圏内にコンパクトにおさまっていて、半日ぐらいで巡れます。

平日旅行の場合、定休日が水曜のお店・施設が多いことは注意したほうがよいかと思います。

 

ブーゲンビリアが咲き乱れる「ブーゲンハウス嬉野」

温室に約400本のブーゲンビリアが咲く「ブーゲンハウス嬉野」。

現地で見かけたチラシで知って、行ってみました。

嬉野温泉バスセンターから徒歩7分。

夢のような花園が広がっていました!

★佐賀一人旅1・ブーゲンハウス嬉野1

 

★佐賀一人旅1・ブーゲンハウス嬉野2

 

★佐賀一人旅1・ブーゲンハウス嬉野3

 

★佐賀一人旅1・ブーゲンハウス嬉野4

 

★佐賀一人旅1・ブーゲンハウス嬉野5

昨春は息つく間もないほど仕事が忙しく、GWも仕事でつぶれ、色々な意味で疲れていました。

でも、ピンクを基調としたブーゲンビリアの花々に囲まれているうちに、心が急速にうるおうのを感じました。

もう40を過ぎてますが、女性ホルモンの分泌が活発化するような気すらしました。

 

「ブーゲンハウス嬉野」は、2015年秋にオープンした新しい施設。

平日夕方ということもあり、観光客はほかに1組だけ。

花園を一人占めしているような、ぜいたくな時間が味わえて夢ごこちでした。

ブログのタイトルどおり、ときめきを確実に充電できるスポットとしておすすめです!

心のうるおいを補給したいときにぜひ。

 

~「ブーゲンハウス嬉野」の基本情報~

【営業時間】 9:00~17:30

【定休日】  年中無休

【入場料】  大人700円

【HP】   「ブーゲンハウス嬉野」の公式HP

 

嬉野温泉のシンボル「シーボルトの湯」

嬉野温泉は、温泉旅行博士が、島根の斐乃上温泉、栃木の喜連川温泉とともに、「日本三大美肌の湯」に選んだ温泉の一つです。

そんな嬉野温泉のシンボル「シーボルトの湯」。

大正時代からある公衆浴場を改装したレトロな建物です。

★佐賀一人旅1・嬉野温泉「シーボルトの湯」

嬉野温泉のお湯は、肌にジェルをぬったときみたいに、ちょっととろんとした肌心地が特徴。

大浴場のお湯がここちよくて、外に出た時、体も心も温まっているのを感じて、幸せな気持ちになりました。

建物内には嬉野温泉の歴史についての展示や休憩所もあって、のんびりできます。

あまりに気に入ったので、初日の夜だけでなく、翌朝もお湯を堪能しました。

 

~「シーボルトの湯」の基本情報~

【営業時間】 6:00~22:00(入場は21:30まで)

【定休日】  第3水曜(祝日の場合は翌日)

【入場料】  大人一般 400円

【HP】  「シーボルトの湯」のHP

 

以上、ときめきが炸裂した嬉野温泉巡りでした。

次回は、嬉野温泉グルメです→「嬉野温泉名物~とろとろ湯豆腐と嬉野茶スイーツ|佐賀旅2

今回の一人旅で佐賀にハマって、東京に帰ってから、デパ地下の地方銘菓売場で佐賀のお菓子を探したほど。

九州在住でもないと、佐賀にはなかなかすぐには行けないと思うので、以下の記事から佐賀旅をお楽しみください

 

★佐賀一人旅 連載記事★

第3回 佐賀への一人旅で武雄温泉へ~温泉とおしゃれ図書館で身も心も充電!~

第4回 武雄温泉エリアの心洗われる庭園、慧洲園&御船山楽園|佐賀旅4

第5回 有田焼のお買い物でテンション上がった佐賀一人旅

第6回 佐賀・呼子のイカで一人旅をしめくくり~イカだけでごはんが進む美味しさ!~

第7回 一人旅で買った佐賀土産の定番「松露饅頭」と「丸芳露」の素朴さにハマる

 

佐賀の魅力が伝われば嬉しいです!

ここまで、アラフォー独身女のブログ「ときめき充電記」を読んでいただき、ありがとうございました。

はんまゆ

コメント

タイトルとURLをコピーしました