アレキサンドロスのディスフェス@Zepp羽田が最高すぎた話&コロナ禍のライブの特徴も

202008アレキサンドロスのディスフェス@Zepp羽田で終演後に。素敵なモノ・作品

どうも、アラフォー独身女のはんまゆです。

大好きなアレキサンドロス([Alexandros] )のディスフェスで、Zepp羽田に行ってきました!

参戦したのは、2日目。

席はなんと前から4列目!!

チケットは一度ハズレて、公式のトレードで当たったのですが、奇跡としかいいようのない席(*^-^*)

今まで、メンバーを豆粒大にしか見たことがなかったので、真近に見る”生ドロス”のカッコよさに、死ぬかと思いました(>_<)

勇退を表明し、今回MCを務めたサトヤスさんの姿も見られて、嬉しすぎるー

白い帽子にシルバーのスーツ姿。オシャレさも全開でした!

コロナ禍でのライブ、また、2020年7月オープンのZepp羽田が、観客を入れてのライブは、今回初めて。

では、ざっと紹介します!

 

アレキサンドロスのディスフェス2020感想

ディスフェスは、8月14日、15日の2日間。

私が参戦した2日目は、事前に募ったファンからのリクエスト上位15曲を演奏する、ファンクラブ会員限定ライブでした。

初めてのディスフェス

ワタリドリをはじめとしたヒット曲やライブの定番曲はほとんどなく、正直、私自身もふだんあまり聴かない曲もあったのですが、やっぱり生のライブは格別!

セットリスト→アレキサンドロス公式Twitterからのリンク

 

個人的に特に好きなのは、「Travel」と「kill me if you can」。

キルミー〜は、特にむちゃくちゃカッコ良かった〜。

コロナの鬱憤を晴らすようで、しびれました(>_<)

ランキング順に演奏するので、バラードとアップテンポな曲が変わるがわる出てきたりしますが、声出せないのがもどかしいほど、一曲一曲を楽しめました。

 

アンコールは、リクエスト曲の中で残念ながら最下位だったという、「月色ホライズン」Bedroomバージョンと、「Kick&Spin」。

ギターの白井さんがアレンジを担当した「月色ホライズン」。

6月のライブ配信もそうでしたが、夜にくつろいでいるときにぴったりで、歌詞の言葉が一つ一つしみるよう。生演奏の雰囲気もすてきでした。

 

最後のkick&spinは、やっぱりめちゃめちゃ盛り上がりました!

マスクの下で呼吸困難になるんじゃないかと思ったくらい、テンション上がりました(>_<)

 

かなり前方の席で参加して感じたこと

私は会場左側、ヒロさんに近い方でした。

印象的だったのは、ヒロさんがライブ中、一階席から二階席まで、左右も含め、ファンのことをよく見てくれていたこと。

優しい笑顔が印象的でした(*^-^*)

演奏も美しいコーラスも間近で聴けて幸せでした。

コロナだからしょうがないけど、会場を盛り上げるようにあおるヒロさんに、拍手でしかリアクション出来なかったのが、もどかしかった(;_:)

 

一曲一曲歌い上げる洋平さんの生歌声と表情。

白井さんは演奏だけでなく、何かの曲の後で、歌声(というか、絶叫?)を聴けたのも貴重で嬉しかった(*^-^*)

リアドさんのドラムのプレイもカッコよかったし、キーボードのロゼさんの笑顔も可愛かった(^-^)

 

コロナ禍でのライブ参加

新型コロナは、致死率や重症化率などからすると、必要な予防策をやっていれば、過度に恐れる必要はないと考えていますが、コロナ禍のライブ参加の特徴をざっと挙げました。

 

【会場内】

◾️座席:前後左右一つずつ空いている

◾️会話:開演前も含めて×。ライブ中も声を出すのは禁止

→複数で来ている人も、開演前は会話せず、みんなスマホいじって待ってた

→メンバーが出てきたとき、「キャー」とか叫びそうになるのを必死にガマンした

→メンバーへのリアクションは、拍手で。かなりもどかしいのですが…

 

【会場外、周辺】

◾️行列:チケットや会員証などをチェックしてもらう待機場所は、間隔を空けて並ぶよう、足元に印

◾️受付:チケットをチェックする窓口に、アクリル板を設置

◾️グッズ販売:なし

◾️入口:消毒液設置

→気づかずにそのまま入りそうになった人には、スタッフの方が声掛けも

◾️退場:密集防止のため、列ごとに区切って退場のアナウンス

 

今回のチケットは、1万5,000円。

これだけ席数を絞っての運営になるうえ、コロナ対策で経費もかさむでしょうから、致し方ないと思います。

 

目の前に空港!Zepp羽田

7月にオープンしたばかりのZepp羽田。

京急空港線、東京モノレールの「天空橋」駅が最寄り。

すぐ目の前が羽田空港です。

202008アレキサンドロスのディスフェスで初めて行ったZepp羽田から見える羽田空港

 

Zepp羽田は、駅に隣接した施設「HANEDA INNOVATION CITY」の中。

20200815右側が、アレキサンドロスのディスフェスが行われたZepp羽田

 

空港近くなので、周囲に何もなく開放感がハンパなかったです。

202008アレキサンドロスのディスフェスの会場・Zepp羽田で開場前に見えた眺め

頭上には飛行機が。

 

夜はこんな感じ。

20200815アレキサンドロスのディスフェスが行われたZepp羽田

 

同じエリアに、終演後も営業しているレストランが2~3店ありました。

会場内ではペットボトルが一本400円だったので、飲み物は「天空橋」駅に着く前に買っておくことをおすすめします。

 

しめくくり

オンラインで楽しんだ初日もよかったのですが、「生のライブに勝るものはないなぁ」と実感した、アレキサンドロスのディスフェス。

都外への旅にも行けないこの夏、最高の2日間が過ごせました。

ファン歴はまだまだ浅い私ですが、カッコよさや疾走感ある曲、焦燥感や悔しさをぶち壊して、もう一度立ち上がる気持ちにさせてくれる曲など、色々な楽曲を聴かせてくれるアレキサンドロスが大好きです。

 

アレキサンドロスに限らず、ライブができないことは、経済的な打撃をミュージシャンに与えます。

CDやグッズの購入、オンラインでもなんでもライブの参加といったことで、ちょっぴりでもお返しができればと思います。

アレキサンドロス公式HP

では。

はんまゆ

 

★ファン歴の浅い未熟者のくせに、勢いで書きまくっているドロス関連記事★

アレキサンドロス10周年ライブに一人参戦~サトヤスさんの勇退に泣く~

アレキサンドロスの無観客生ライブ配信~臨場感ハンパなかった自宅でドロス!~

アレキサンドロスのツアーファイナル(埼玉)に一人参戦してさらにハマる(後編)

アレキサンドロスのツアーファイナル(埼玉)に一人参戦してさらにハマる(前編)

アレキサンドロスのあさイチ出演が嬉しすぎたから、また記事を書いた

[ALEXANDROS](アレキサンドロス)のライブに一人で参戦してみた

SONGSに出たアレキサンドロス[ALEXANDROS]にしびれる

コメント

タイトルとURLをコピーしました