「おひとりさま女7人マンション物語」(NHK)が老後の理想すぎてクギ付けに

★秋の奈良一人旅2日目・法起寺近くで夕陽に照らされるコスモス素敵なモノ・作品

こんにちは、アラフォー独身女のはんまゆです。

つい先ほど見終わったNHKスペシャル「女7人おひとりさま みんな一緒に暮らしたら(おひとりさま女7人マンション物語)」

高齢女性たちが同じマンションで”近居”して、助け合いながら生きていく暮らし方が理想的過ぎたので、独女として感じたことを書き残してみます。

「おひとりさま女7人マンション物語」の概要

登場するのは、コピーライターや民間企業の広報室長など、バリバリ働いてきた7人の70~80代女性。

同じマンションでそれぞれ部屋を借りて暮らすようになって10年、というドキュメンタリーでした。

 

PCの扱いがわからなくなったり、体調が悪くなったり。

ちょっとした困りごとがあっても、同じマンションに住んでいるので、携帯で呼べばだれかがすぐ駆け付けられます。

時々一つの部屋に集まり、「延命治療」や「お葬式の出し方」といったリアルに迫るテーマを話し合うことも。

そんなときは互いに考えをぶっちゃけます。

 

いいことばかりではありません。

”怒ったらおしまい”だから、時にはガマンすることも。

今は皆元気だけれど、6人を看取って最後に自分だけ残ったら寂しすぎる、という不安もあります。

 

それでも10年、”近居”を続けているという話でした。

 

高齢独身女性の近居に思うこと

アラフォー独身女の私。(自己紹介は→アラフォー独身女がブログを始めるまで

「独身のまま年取ったらどう暮らそうかなぁ」

と考えたときにイメージしていたのが、まさに今回の暮らし方でした。

 

今の一人暮らしは、誰にも気を遣わず、時間もお金も自由に使えるので、なんだかんだで気に入っています。

ただ、高齢になり両親も亡くなったら、入院時や老後の住まい探しなど、家族に準じた人がいないと不便なことが出てくるんじゃないかと、気にはなります。

だから、自分のプライベート空間は保ちつつ、必要なときには人と助け合えるって、いいとこどりで理想のスタイルだなと。

 

登場した女性が皆さん、仕事をバリバリ続けてこられてきた方だったのも印象的で。

そのうち一人が新聞記者をされていた方で、私自身、数年前まで記者だったので親近感もありました。

 

私は働くこと自体好きだし、自分で汗水流して稼いだお金で生きていきたいので、自分の未来を見るような感じでした。

こういう暮らし方ができるなら、ムリして結婚する必要ないなと改めて実感しました。

20210419春の奈良一人旅・當麻寺(当麻寺)の赤いぼたん(牡丹

 

ついでに、結婚について思うこと

30代前半は、結婚や出産をしてみたいと思っていました。

30代後半は…

仕事を全うするためならと、職場の人手不足にめげず、残業100時間超え(←やりすぎ)も厭わず働きまくったり、心身を病んだりー。

色々なことがありました。

 

仕事は充実していましたが、友だちが結婚や出産、と人生を進めている中で、自分だけ人生が停滞している気がして、あらゆる婚活に取り組みました。

アラフォーを対象にした独身社会人サークル(=飲み会)、婚活パーティー、結婚相談所、料理合コン…。

でも、男の人を好きになるのに最低半年以上はかかる私のような人間には全く不向きで、目の前の男の人に興味を持てず、疲れて、お金と時間を失うだけでした。

 

ある日ふと、「今」の延長に「未来」があるとしたら、つまらない婚活の先には、つまらない結婚生活が待っているだけじゃないかと思って。

自分が心地よく思えないことは止めてマイペースで生きようと婚活を辞めました。

202104春の奈良一人旅。室生寺のシャクナゲ

 

40過ぎて思うこと

42歳になった今。

自分の性格からか、「一人暮らしで寂しい」と感じることはごくたまにしかありません。

独身だからこそ、時間もお金も自由に使えて、仕事も勉強も思う存分打ち込めたおかげで、色々な知識やスキルを身につけることができました。

旦那さんや子どもがいない代わりに、得ているものも大きいと実感しています。

 

「こんなときパートナーがいればなぁ」

と思うのはクリスマスと年末年始、大きい地震や台風が来たときくらいです。

 

もちろん、ずっと一緒に生きていきたいと思えるパートナーがいるのは素敵なことです。

でも、いいかげん、「既婚=幸せ、独身=さみしくて不幸せ」っていう世間の短絡的な捉え方は勘弁して欲しいなと。

独身でも既婚でも、自分が心から納得のいく、心地よい生き方ができていればそれでいいと思います。

 

今後、死ぬまで一緒にいたいと思える男の人との出会いがあれば結構なことだし、なければないで、一人だからこそできることをやり尽そうと思います。

助け合える友だちがいれば老後も楽しくやっていけることがわかったので、友だちとの関係は大切にしていこうと思います。

★202104春の奈良一人旅。長谷寺のオオデマリ

 

「おひとりさま女7人マンション物語」見逃した方は再放送を!

…NHKスペシャルに触発されて、ぐだぐだ書き連ねてしまいました。

年末は一年の振り返りに加えて、将来の計画を考える時期でもあるので、参考にもなると思います。

▶︎NHKスペシャル「女7人おひとりさま みんなで一緒に暮らしたら

 

では!

アラフォー独身女・はんまゆ

 

〜独身生活に楽しんでいること〜

▶︎ゴールデンウィークの一人の過ごし方まとめ

▶︎心をデトックスしたい時の旅行先|国内一人旅【今の気分別】おすすめスポット

〜自己紹介〜

▶︎今さらブログにプロフィール欄作る~こんな独身女が書いてます~

コメント

タイトルとURLをコピーしました